ドキュメンタリー映画「将軍様、あなたのために映画を撮ります」

ドキュメンタリー映画「将軍様、あなたのために映画を撮ります」、
川越スカラ座にて鑑賞

shogunsamaanatanotameni01.jpg

この作品は、1978年に、
韓国の国民的女優・崔銀姫(チェ・ウニ)と映画監督・申相玉(シン・サンオク)が
北朝鮮に拉致された事件を追ったドキュメンタリー映画である。

1978年、韓国の国民的女優・チェ・ウニが、渡航先の香港で失踪する。
宿泊先のホテルに荷物を残したまま・・・。
その後、チェ・ウニの行方を捜していた元夫で映画監督のシン・サンオクも失踪。

チェ・ウニとシン・サンオクの2人は、
映画好きな金正日の指示により北朝鮮に拉致されていた。
そして、お互いに北朝鮮国内にいることを知らずに5年の時を過ごす。

北朝鮮からの脱出を試みて失敗していたシン・サンオクは、
収容所で劣悪な環境下で過ごしていた。

そして金正日の仲介で再会を果たした2人だったが、
金正日の指示により映画製作を命じられる。
2人は3年間で17本もの映画を撮影する。

映画「帰らざる密使」は、チェコ国際映画祭で特別監督賞を受賞。

映画マニアの金正日は、
韓国など外国映画に遠く及ばない北朝鮮映画のレベルを憂い、
レベルの高い国産映画を製作する為に2人の拉致を命じたのであった。

1986年3月13日、オーストリア・ウィーンのアメリカ大使館へ駆け込み、
アメリカへの亡命に成功した2人。
韓国では、「拉致された」とされたチェ・ウニに対し、
「北朝鮮に亡命した共産主義者」と信じられていたシン・サンオクへの見方は、
厳しかったそうである。

映画「将軍様、あなたのために映画を撮ります」・・・

 監督: ロス・アダム、ロバート・カンナン
 出演: チェ・ウニ、シン・サンオク、金正日、元CIA職員 他
 原題: The Lovers and the Despot
 製作国: イギリス
 言語: 韓国語、日本語、英語
 上映時間: 97分

チェ・ウニ、シン・サンオクの肉親や、元CIA職員、拉致事件の関係者等の
インタビューの映像などを通じ、事件の背景や結末が良く解る作品となっている。

最近何かと話題になっている北朝鮮であるが、
日本で暮らす我々にとっては、信じられない実話に驚かされる。

shogunsamaanatanotameni02.jpg

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画「ディストラクション・ベイビーズ」

昨年5月に公開された映画「ディストラクション・ベイビーズ」、
本日川越スカラ座にて鑑賞

distractionbabies01.jpg

映画の冒頭から終わりまで、激しい暴力描写が延々と続き、
リラックスして鑑賞できる作品ではないが、
柳楽優弥演じる主人公の芦原泰良などの人物描写と脚本が素晴らしく、
緊張感を増長させるカメラワークとカット割りなど、
作品全体としての完成度は非常に高い

普通の人間とはもはや言えない、狂人ともいうべき主人公を、
殆ど台詞無しで、喧嘩の演技と観客をもゾッとさせる表情で、
クールに演じ切った柳楽優弥の演技力は絶賛モノ

他にも、菅田将暉、でんでん、三浦誠己、池松壮亮など、
実力派達が名を連ね、狂気の世界観を盛り上げている。

第90回(2016年)キネマ旬報ベストテンでは、日本映画第4位に選出され、
個人賞では見事3冠達成

第90回(2016年)キネマ旬報ベストテン・日本映画第4位
第90回(2016年)キネマ旬報・主演男優賞(柳楽優弥)
第90回(2016年)キネマ旬報・新人男優賞(村上虹郎)
第90回(2016年)キネマ旬報・新人女優賞(小松菜奈)

distractionbabies03.jpg

映画「ディストラクション・ベイビーズ」・・・

 監督: 真利子哲也
 脚本: 真利子哲也、喜安浩平
 撮影: 佐々木靖之
 音楽: 向井秀徳
 出演: 柳楽優弥(芦原泰良)、菅田将暉(北原裕也)、小松菜奈(那奈)、
     村上虹郎(芦原将太)、池松壮亮(三浦慎吾)、三浦誠己(河野淳平)、
     でんでん(近藤和雄)、北村匠海(健児)他
 製作国: 日本
 製作年: 2016年
 上映時間: 108分

 ストーリー・・・
  愛媛県松山市。
  弟の将太(村上虹郎)の元から姿を消した芦原泰良(柳楽優弥)。
  泰良は、繁華街で次々と自分より強そうな通行人に突然喧嘩を仕掛け、
  大怪我を負わせ、自らも大怪我を負うことを繰り返している。

  友人が泰良に怪我を負わされた北原裕也(菅田将暉)は、
  泰良に魅かれ、行動を共にするようになる。

  繁華街で通行人を次々と襲う泰良と裕也。
  強そうな相手に喧嘩を仕掛ける泰良に対し、
  女性や年寄りなど自分より弱そうな相手のみに暴力を加える裕也。

  無差別に大勢の通行人に重軽傷を負わせた泰良と裕也は、
  テレビ等で大きく取り上げられ、警察から追われる身となる。

  2人は繁華街でドライバーを襲い、車を強奪。
  たまたま車内に居合わせたキャバ嬢・那奈(小松菜奈)を拉致し、
  車を走らせ、松山市郊外で更に無差別な暴力を繰り返す。

  そして・・・。

暴力描写が非常に生々しく、頻度が高く、またそれが全編に渡ることで、
万人受けとは言えない為、オススメ作品とは言えないが、
作品としての完成度は非常に高いので、興味のある人には一見の価値有。

distractionbabies02.jpg

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画「この世界の片隅に」

片渕須直監督のアニメ映画「この世界の片隅に」、シネコンで鑑賞

konosekainokatasumini01.jpg

映画「この世界の片隅に」は、
2016年10月28日、第29回東京国際映画祭で、
特別招待作品としてワールド・プレミアで上映。

そして2016年11月12日より劇場公開。

キネマ旬報・2016年日本映画ベスト・テンで、見事第1位を獲得し、
非常に高い評価を受けた作品である。

戦前(昭和8年)~戦中~戦後にかけての広島県広島市、
そして呉市を舞台にしたアニメーション映画で、
柔らかでとても美しい絵が非常に印象的な作品である。

当時の呉市街や広島市街を忠実に再現した街並みの絵も素晴らしい。
「相生橋」と「広島県産業奨励館(現・原爆ドーム)」、「広島城」、
「中島本町(現・平和記念公園)」と「大正屋呉服店(現・レストハウス)」・・・。

また、昭和19年4月17日、
戦艦大和が呉港に入港した日の天候なども調べ上げられ、
その日が映画の中で再現され描かれている。

昭和8年から始まる呉市、広島市を舞台にした作品であるため、
歴史を知っている我々観客は、物語が進むにつれ、
登場人物達に起こるであろう悲劇を想像しながら観ることになるが、
柔らかい絵、主人公「すず」ののんびりした性格と話し方、
そして「戦争」そのものよりも日常生活を前面に出した演出とで、
主人公「すず」をはじめとする登場人物達の生き様に心を奪われる。

つまり、舞台は戦争前後の呉市と広島市ではあるが、戦争映画ではない。

音楽も素晴らしい作品。
特にオープニングテーマ「悲しくてやりきれない」は、
鑑賞後もいつまでも耳に残る。

映画「この世界の片隅に」・・・

 監督: 片渕須直
 脚本: 片渕須直
 原作: こうの史代
 音楽: コトリンゴ
 キャスト: のん(北條すず)、細谷佳正(北條周作)、稲葉菜月(黒村晴美)、
      尾身美詞(黒村径子)、小野大輔(水原哲)、潘めぐみ(浦野すみ)、
      岩井七世(白木リン)他
 製作国: 日本
 製作年: 2016年
 上映時間: 126分

 ストーリー・・・
  戦前の広島市江波にある海苔梳きの家で生まれ育った少女すず。
  恐い兄と美人の妹・すみに挟まれたすずは、
  優しくてのんびりした性格で、絵がとても上手な少女だった。
  
  昭和19年2月、18歳になったすずは、突然の縁談の話により、
  軍港の街・呉市の青年、北條周作の元に嫁ぐ。
  
  寡黙だが優しい周作、実家に出入りする厳しい義姉・径子、
  すずになつく径子の娘・晴美、優しい周作の両親・・・。
  
  食料の配給が減って行く中、
  なんとか一家の食事を工夫していくすず。
  
  昭和20年3月、米軍の呉市への空襲は激しさを増すようになっていた。
  そして、6月22日の空襲では・・・。
  
  更に、8月6日、すずの故郷、広島市に新型爆弾が投下される・・・。

何から何まで非常に素晴らしく、何度でも繰り返し観たくなる作品。

2015年に訪れた広島市と呉市。
この作品を観て、また訪れたくなった・・・そんな作品である。

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

第29回東京国際映画祭、東京グランプリ受賞作品上映、ドイツ映画「ブルーム・オヴ・イエスタディ」

11月3日に閉幕した第29回東京国際映画祭。

見事、東京グランプリを受賞したのは、
ドイツ=オーストリア映画「ブルーム・オヴ・イエスタディ」。

tiff201634.jpg

EXシアター六本木にて開催されたクロージングセレモニー終了後、
休憩をはさみ、16時20分より、
東京グランプリ受賞作品「ブルーム・オヴ・イエスタディ」の上映開始。

tiff201635.jpg

ドイツ=オーストリア映画「ブルーム・オヴ・イエスタディ(The Bloom of Yesterday)」

 原題: Die Blumen von Gestern
 監督: クリス・クラウス
 プロデューサー: ダニ・クラウス、カトリン・レンメ
 撮影監督: ソニア・ロム
 編集: ブリギッタ・タウフナー
 音響 : アンドレ・ツァッハー
 音楽 : アネッテ・フォックス
 出演: ラース・アイディンガー、アデル・エネル、ヤン=ヨーゼフ・リーファース、
     ハンナ・ヘルツシュプルング他
 上映時間: 125分
 製作国: ドイツ、オーストリア
 製作年:2016年
 言語: ドイツ語
 
 ストーリー・・・
 
  ホロコーストの研究をしている血の気の多い男。
  この男の祖父はホロコーストに関わっていたこともあり、
  自分の家系、職業、家庭環境等々に劣等感を抱いている。
  ホロコーストに関するイベントを企画していたが、
  いろいろな問題により、担当を外されてしまう。
  
  そこに現れたまた変わったフランス人女性。
  彼女の祖母はホロコーストの被害者であった。
  
  男は彼女とともにイベントの準備を進めて行くが、
  その内に彼女との意外な接点に行きつく・・・。

ナチス・ドイツによるホロコーストという重いテーマに、
コミカルな演出やラブストーリーを重ねるという部分は興味深かったが、
そうする必要性については一度観ただけでは理解に至らず。

作品全般のイメージとしては、
挿入歌が美しく、心地良くて、印象深かった。

犬を走行中の車から投げ捨てるシーンあり。
かなりヒヤッとしたが、結局犬は無事で、
頭に血の滲んだ包帯を巻いて、笑いを誘う様な演出・・・
これはとても不快で、決して笑えない演出。

最後のエンドロールで、
「本作品では動物に危害を与える撮影はしていません」
の様なコメントが出てきたが、
ここで客席からまた笑いが起きたこと、それがまた不快。

この作品の本質を理解する為、
日本で劇場公開されたらもう一度観る手もあるが・・・

tiff201636.jpg

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村

テーマ : 映画賞・映画祭
ジャンル : 映画

第29回東京国際映画祭、クロージングセレモニー(2)

11月3日(木・祝)、第29回東京国際映画祭・クロージングセレモニー。

いよいよ東京国際映画祭のメインイベント、コンペティション部門・各賞の発表である。

16作品の中から各賞が決まる。

tiff201624.jpg

<コンペティション部門>
観客賞: 「ダイ・ビューティフル」。

tiff201625.jpg

既に午前中発表されていた「観客賞」。
再度このクロージングセレモニーの場で称える。

WOWOW賞: 「ブルーム・オヴ・イエスタデイ」。

tiff201626.jpg

最優秀芸術貢献賞: 「ミスター・ノー・プロブレム」。

tiff201627.jpg

最優秀男優賞: パオロ・バレステロス(「ダイ・ビューティフル」)。

tiff201612.jpg

「ダイ・ビューティフル」は「観客賞」に続き2冠達成

パオロ・バレステロス氏は、サプライズの登壇ということで、
劇中の女装の衣装で、舞台の袖より登場。

tiff201614.jpg

「観客賞」の授賞式の際には登壇しなかったので、ここで見られて良かった♪

ちなみに出品作品の俳優、監督、プロデューサなどは、客席の前の方で座っており、
受賞で名前が呼ばれると、客席から舞台に登壇する流れ。
登壇後は、客席に降り、着席。

作品を観ていない人は、パオロ・バレステロス氏が女装姿で登壇した状況を、
あの場ではよく解らなかったと思うが、
観た人にとっては、あの衣装での登場は嬉しかった
でも一方、素顔も見てみたかった感じもする。

最優秀女優賞: レーネ=セシリア・スパルロク(「サーミ・ブラッド」)。

tiff201628.jpg

最優秀監督賞: ハナ・ユシッチ監督(「私に構わないで」)。

tiff201629.jpg

審査員特別賞: 「サーミ・ブラッド」。

tiff201630.jpg

東京グランプリ: 「ブルーム・オヴ・イエスタディ」。

tiff201631.jpg

東京都知事・小池百合子氏が「東京グランプリ」のプレゼンターとして登壇。

tiff201632.jpg

オシャレな装いで登場。年齢よりも非常に若く見えるキレイな方
トークもさすがに政治家。
2020年東京オリンピックにも触れながら、全く飽きさせない魅力的なトーク
映画祭の予算の話で、観客を笑わせるなど・・・。

tiff201633.jpg

全ての賞の発表が終わった後は、受賞者全員によるフォトセッション

そして、休憩を挟んで東京グランプリ「ブルーム・オヴ・イエスタディ」の上映。

tiff201635.jpg

つづく

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村

テーマ : 映画賞・映画祭
ジャンル : 映画

第29回東京国際映画祭、クロージングセレモニー(1)

第29回東京国際映画祭。

最終日の11月3日(木・祝)、まずはTOHOシネマズ六本木ヒルズにて、
観客賞受賞作品・フィリピン映画「ダイ・ビューティフル」を鑑賞。


tiff201608.jpg

その後、六本木通りに面した「EXシアター六本木」にて、
14時より「第29回東京国際映画祭・クロージングセレモニー」開催。

tiff201615.jpg

総合司会は羽○慎一アナウンサー。

tiff201616.jpg

まずは「“ARIGATO(ありがとう)”賞」の発表。
俳優の妻○木聡さん、高○充希さん、新海誠監督、そしてゴジラの登壇により、
会場も盛り上がる

tiff201617.jpg

“ARIGATO(ありがとう)”賞: 新海誠監督、高○充希さん、妻○木聡さん、ゴジラ。

tiff201621.jpg

<日本映画スプラッシュ部門>
作品賞: 「プールサイドマン」。

tiff201618.jpg

<アジアの未来部門>
国際交流基金アジアセンター特別賞:
 「ブルカの中の口紅」(アランクリター・シュリーワースタウ監督)。

tiff201619.jpg

作品賞: 「バードショット」。

tiff201620.jpg

第3回“SAMURAI(サムライ)”賞: マーティン・スコセッシ監督、黒沢清監督。

tiff201623.jpg

マーティン・スコセッシ監督は、ビデオメッセージによる登場。

tiff201622.jpg

次はいよいよ、
東京国際映画祭のメインイベントであるコンペティション部門・各賞の発表である。

つづく

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村

テーマ : 映画賞・映画祭
ジャンル : 映画

第29回東京国際映画祭、観客賞受賞作品上映、フィリピン映画「ダイ・ビューティフル」

8年連続で観に来ている東京国際映画祭。
今年で29回目。

tiff201613.jpg

第29回東京国際映画祭最終日、11月3日(木・祝)10時20分より、
TOHOシネマズ六本木ヒルズ・Screen 2にて、
「観客賞受賞作品」の発表、舞台挨拶、そして上映と続く。

tiff201609.jpg

「観客賞」は、コンペティション部門へ出品された16作品の中で、
実際に鑑賞した観客の投票により決定される賞。

「観客賞」を見事受賞したのは、
フィリピンから出品された作品「ダイ・ビューティフル」

tiff201608.jpg

上映前にジュン・ロブレス・ラナ監督、ペルシ・インタラン・プロデューサが登壇。

tiff201610.jpg

受賞の喜びを語る。

tiff201611.jpg

ジュン・ロブレス・ラナ監督:
「東京国際映画祭のコンペティション部門に選出されたということを聞いて、
 びっくりしたと共に緊張もしました。というのは、
 そもそもこの映画がフィリピンの観客にどう受け入れられるか分からなかったもので、
 日本でもどう受け入れられるか分からなかったので、
 今回の受賞を光栄に思い、非常にびっくりしています。
 この受賞を受けてやはり映画というものの力をより一層信じるに至りました。
 映画は我々人種、言語、肌の色、関係なく、
 一つのものにする結束させるという力を持っているものだという確信を更に強いものにしてくれました。
 ここにはご来場いただけませんでしたが、
 主演のパオロ・バレステロスさんにもう一度感謝の念を申し上げたいと思います。
 そしてプロデューサー、製作に関わるスタッフの皆さんに厚く御礼申し上げたいと思います」

フィリピン映画「ダイ・ビューティフル(Die Beautiful)」

 監督: ジュン・ロブレス・ラナ
 脚本: ロディ・ベラ
 エグゼクティブ・プロデューサー: ペルシ・インタラン
 プロデューサー: フェルディナンド・ラプス
 ライン・プロデューサー: オマール・ソルティハス
 撮影監督: カルロ・メンドーサ
 編集: ベン・トレンティーノ
 作曲: リカルド・ゴンサレス
 出演: パオロ・バレステロス、クリスチャン・バブレス、グラディス・レイエス、
     ジョエル・トーレ他
 上映時間: 120分
 製作国: フィリピン
 製作年:2016年
 言語: フィリピン語
 
 ストーリー・・・
 
  舞台はフィリピン。
  家を出て、「トリシャ」と名を変え、
  美女コンテストの世界で生きることにしたトランスジェンダーの男性。
  美に徹底的にこだわり、ミスコンを職業とする。
  女の子と養子縁組をして、母としても生きる。
  しかし、コンテストで優勝した後、突然倒れ、若くしてこの世を去る。
  本人が仲間に残していた遺言は、
  「埋葬までの間、日替わりでセレブのメイク・衣装で送って欲しい」
  というものだった。
  その願いをかなえる為、仲間たちは・・・。

主人公トリシャの生涯を振り返りながら、
トリシャの生き様を美しく、繊細に且つ大胆に、
そしてシリアスに、時にコミカルに描いた秀作

主人公の常に前向きな姿勢に観客も勇気づけられる。

回想シーンとの往復も、非常に巧みな脚本、編集のおかげで、
素晴らしい完成度となっている。

映画全編に渡り、カラフルな視覚的な描写も素晴らしい。

トランスジェンダーの男性を見事演じ切った俳優パオロ・バレステロス氏
の演技力も卓越し、作品を盛り上げている。

実際、パオロ・バレステロス氏は見事、
第29回東京国際映画祭・最優秀男優賞を受賞

tiff201612.jpg

今後日本でも劇場公開されることを期待したい。

tiff201614.jpg

つづく

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村

テーマ : 映画賞・映画祭
ジャンル : 映画

第29回東京国際映画祭

今年も六本木エリアを中心に東京国際映画祭が開催されました

tiff201601.jpg

2009年の第22回東京国際映画祭から、今年で8年連続で鑑賞♪

tiff201603.jpg

東京メトロ・六本木駅から六本木ヒルズへ続く地下通路には、
例年通り映画祭出品作品のポスターが並ぶ・・・。

tiff201602.jpg

メイン会場の六本木ヒルズは映画祭ムード♪

tiff201605.jpg

TOHOシネマズ六本木ヒルズも

tiff201604.jpg

今年の東京国際映画祭で残念だったのは、
「Online Ticket システム障害」が発生したこと。

映画祭出品作のポスターで埋まるべき所にも「お詫び」のポスターが・・・

tiff201606.jpg

このせいだと思われるが、「クロージングセレモニー」など、
チケット完売の筈の回でも多くの空席が目立ったということが・・・。

システム障害で、余計なチケットが取れてしまい、それがカードで課金され、
後で返金に応じるといったことがあり、結局それが空席の原因であろう。

tiff201607.jpg

つづく

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村

テーマ : 映画賞・映画祭
ジャンル : 映画

角川映画祭、澤井信一郎監督作品「早春物語」

角川シネマ新宿などで開催中の角川映画祭。

澤井信一郎監督の秀作「Wの悲劇」に続いて鑑賞したのは、
同じく澤井監督作品「早春物語」。

soushunmonogatari01.jpg

最初の劇場公開は、1985年9月14日。

今改めて観ると、非常によくできた素晴らしい作品

1985年のキネマ旬報ベストテン・日本映画で、第9位に入るなど、
評論家からも高い評価を受けた作品である。

前年の1984年のキネマ旬報ベストテン・日本映画では、
「Wの悲劇」が第2位に入っている。

さりげなく印象的なカットは、歩道橋のカット。
「Wの悲劇」では、三田村邦彦さんが左に曲がりながら駆け下りてくる歩道橋。
「早春物語」では、ほぼ同じアングルのカットで、
原田知世さんが左に曲がりながら降りてくる。
やはり澤井監督作品だと思わせてくれる。

成田空港でのラストシーン。
原田知世さんが足早に歩くところを細切れの短いカットを繋ぎ合わせて編集しているシーン、
澤井監督のセンスを感じる。

「早春物語」の効果的な音楽も印象深い。
春先のまだ肌寒さを感じさせる湘南の青い海の空撮のカットと、
物悲しく感じるオープニングの音楽。
よくマッチしている。

「Wの悲劇」のオープニングの暗いホテル室内のカットと、
やはり物悲しく感じる音楽との効果的な演出にも通じる部分を感じる。

監督=澤井信一郎だけでなく、
撮影=仙元誠三、編集=西東清明、音楽=久石譲など、
スタッフが「早春物語」と「Wの悲劇」とでかぶっているということもあると思う。

両作品とも、オープニングから比較的一貫した流れと空気感があるが、
それでいて単調とは言えなく、個性的である。

主演の原田知世さんにとってはこれが4作目となるが、
1作目の「時をかける少女」と比べると、各段に女優としての成長を感じる。

映画「早春物語」・・・

 監督: 澤井信一郎
 脚本: 那須真知子
 原作: 赤川次郎
 製作: 角川春樹、市村一三
 撮影: 仙元誠三
 編集: 西東清明
 音楽: 久石譲、石川光
 主題歌: 原田知世「早春物語」
 出演: 原田知世(沖野瞳)、田中邦衛(沖野修三)、林隆三(梶川真二)、
     由紀さおり(大宅敬子)、仙道敦子(牧麻子)他
 製作国: 日本
 言語: 日本語
 製作年: 1985年
 上映時間: 96分

「早春物語」は、主人公は女子高校生ではあるが、大人が観るべき秀作である。

soushunmonogatari02.jpg

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

角川映画祭、澤井信一郎監督作品「Wの悲劇」

現在、角川シネマ新宿などで開催中の「角川映画祭」。

wnohigeki03.jpg

角川映画誕生から40周年の今年、数々の角川映画を一挙に公開する企画。
7月30日(土)から9月2日(金)までの5週間で、48作品が繰り返し上映されている。

8月13日(土)の大林宣彦監督作品「時をかける少女」に続き、
8月21日(日)は澤井信一郎監督の秀作「Wの悲劇」を鑑賞

wnohigeki01.jpg

劇場公開は1984年12月15日。
公開当時は小学6年生だったが、劇場で鑑賞したことをよく覚えている。

その後何度もビデオ等で鑑賞しているが、
劇場で鑑賞するのは、今回で3度目。

映画「Wの悲劇」は1984年度キネマ旬報ベストテン・日本映画第2位に入るなど、
評論家からも非常に高い評価を受けた作品。

澤井監督の手腕は勿論、三田佳子さんの演技力は絶賛もの

これが第一回出演作だった高木美保さんの演技力も素晴らしい

脚本も素晴らしい出来で、引き込まれるストーリーも面白い

劇中劇という興味深い演出の作品だが、
舞台上での劇の進行と舞台裏での様子とを見事に描写。

映画「Wの悲劇」・・・

chirashi-wnohigeki.jpg

 監督: 澤井信一郎
 脚本: 荒井晴彦、澤井信一郎
 原作: 夏樹静子
 製作: 角川春樹
 撮影: 仙元誠三
 編集: 西東清明
 音楽: 久石譲
 主題歌: 薬師丸ひろ子「Woman~Wの悲劇~より」
 出演: 薬師丸ひろ子(三田静香)、世良公則(森口昭夫)、三田佳子(羽鳥翔)、
     三田村邦彦(五代淳)、高木美保(菊地かおり)、蜷川幸雄(安部幸雄)他
 製作国: 日本
 言語: 日本語
 製作年: 1984年
 上映時間: 108分

映画上映後は、
遠藤茂行さん(現東映株式会社顧問/元角川映画宣伝担当)による40分間のトークショー。

印象深かったコメントは以下の通り。

「当時は新聞広告がメインでTVスポットは全く無かった。
 既存の映画会社にはTVスポットという発想は無かった。
 角川映画はメディアミックスで、主題歌と書籍と三位一体だった」

「今観ても作品のクオリティが高いのに、話題優先というイメージがあった。
 なかなかアカデミーでも本戦に出れなかった。
 そのイメージを覆したのが「Wの悲劇」。
 薬師丸ひろ子の評価をもっと受けても良いと思う。
 三田佳子が初めて助演にまわった作品。
 三田佳子があそこまでやったことで映画を盛り上げてくれた」

「原作では親の殺人を子供が引き受けるというリアリティの無さがあったが、
 劇中劇にすることで、『これならできる!』ということで、澤井監督が引き受けてくれた」

「ラストシーンはストップモーション。あのシーンは何度もリテイクした。
 泣き過ぎ、笑い過ぎ・・・を何度も繰り返した。
 一挙手一投足、丁寧に作られた作品」

「薬師丸ひろ子が何故角川を離れたかについて。
 学生だったので春休みと夏休みの撮影で、年2本のローテーションだった。
 学校は休まず撮るということ。
 卒業後はそういうことではなくなるという、本人考え」

「戦国自衛隊」の撮影は大変だった。当時自衛隊は戦車を貸してくれなかったので、
 戦車を発注した。
 馬の数も半端じゃなくて、ヘリが低空を飛ぶ・・・。
 今ならCGだが、当時はアナログで、ワンカットで撮った。
 あの戦車は宮沢りえの「ぼくらの七日間戦争」で使用された。今はどこかの遊園地に。
 元を取ったのでは?」

「Wの悲劇」での三田村邦彦と薬師丸ひろ子のホテルで演劇論を交わすシーン。
 その後薬師丸ひろ子と三田村邦彦が階段で会うシーンでは、薬師丸がタオルで腰を隠す。
 男の監督が女性の生理的な部分を描くなど、細かい部分が描かれている」

・・・・・

32年も前の作品だが、今も色褪せない素晴らしい完成度。

まだ観たことのない方は勿論、過去に鑑賞経験のある方にも、
もう一回、二回と繰り返し鑑賞することをお勧めしたい作品である。

wnohigeki02.jpg

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ランキング参加中
ランキング参加中です。一日一回ぷちっと押してね矢印
プロフィール

みっきぃパパ

Author:みっきぃパパ
家族:みっきぃママ、みっきぃ(長男)、娘(長女)
職業:外資系エンジニア
年齢:アラフォー
キーワード:旅行、ゴルフ、映画、ラーメン、ミスチル、シンディ・ローパー

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
のんびり♪みっきぃライフ
bnr_mickeylife.jpg
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
みっきぃパパへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文: