FC2ブログ

映画「バカは2回海を渡る」初日舞台挨拶

ブログを始めて3か月♪
当記事でついに100通目となりましたわーいわーいわーい
今後ともよろぴく

先週土曜日の映画館のハシゴ。
4館目最後のシメは渋谷のユーロスペース。

baka1.jpg

さすがに疲れが・・・アップロードファイル

観た映画は映画「バカは2回海を渡る」。

この映画を観ようと思った動機は、タイトルのインパクト。
そして、このポスター。
旅好きなみっきぃパパ、このハングリーな感じの写真に魅力を感じた。

baka2.jpg

毎日21:10からのレイトショー公開のみ顔文字?(ポカーン)

11月28日の公開初日は舞台挨拶があった。
当日12時から整理券を配布とのことで、
新宿武蔵野館で映画「岸辺のふたり」を観た後、
シネマート六本木へ向かう途中、渋谷で途中下車しユーロスペースに向かう。

11時55分にチケットカウンターに着いたが、なぜか整理番号29番をもらう。
12時になっていないのに28人も先客がいたらしい・・・アップロードファイル
フライングずき・・・。

baka3.jpg

整理券をもらった後、シネマート六本木、シネスイッチ銀座でそれぞれ映画を観た後、
へろへろになって渋谷ユーロスペースに戻る。

ロビーは観客でイモ洗い状態アップロードファイル
ユーロスペースは初めてだったが、ロビーが狭い。

スクリーンは2つあるが、ちょうど他の映画と上映開始時間が重なっていたため、
2つの映画の観客が一緒になってしまったのも混雑の原因顔文字?(ポカーン)

それも考えて、上映時間を調整すればいいのに・・・。

上映前に舞台挨拶。
前から2列目で観た。

登壇者は、弓削智久さん、須賀貴匡さん、渡邊貴文監督の3名。
知っている人はいなかった。

目の前で見たが、いい意味であまりオーラは出ていなかった感じ。
凄い庶民的な感じの俳優さんたちで、親しみやすい。
なんか、クラスや職場にこんな二人がいると周りをさりげなく楽しませてくれそうな、
そんな俳優さんたち。

この映画はアメリカを舞台にしたドキュメンタリー映画。

短編映画「FREE」を撮影するために渡米した弓削智久さん、須賀貴匡さん、その他スタッフの様子を追ったドキュメンタリー。

アメリカで人種、性別、年齢を超えた様々な人に、インタビューを繰り返し撮影していく。
75分という短い映画だが、とにかく長く感じた。
疲れもあったのかもしれないが、何度も時計を見てしまった。

この映画、何度か繰り返し観れば、なにかが分かるのかもしれないが、
ちょっと焦点が定まらない印象。

この映画「バカは2回海を渡る」を通して、なにをうったえようとしているのか、最後まで解からなかった。

舞台挨拶での渡邊貴文監督のお話。
 「アメリカには一緒に行っていない。数十時間におよぶ膨大な映像を渡され、全てに目を通した。敢えて”要らない”シーンを繋ぎ合せて映画にまとめた」
とのこと。

きっと、たいへんな作業だったんだと思うが、一緒にアメリカに行っていないのに、
どうやって「感じ」をつかんだのか?
ちょっと疑問顔文字?(ポカーン)

期待していた「貧乏旅行で何かをつかもうとした若者」というテーマではなかった。

この日観た映画、
映画「岸辺のふたり」
映画「銀色の雨」
映画「戦場でワルツを」
と比べてしまうと・・・。

が~んアップロードファイル

おわり

みっきぃパパピッピヵチュウ♪

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 映画
ジャンル : 映画

ランキング参加中
ランキング参加中です。一日一回ぷちっと押してね矢印
プロフィール

みっきぃパパ

Author:みっきぃパパ
家族:みっきぃママ、みっきぃ(長男)、娘(長女)
職業:外資系エンジニア
年齢:アラフォー
キーワード:旅行、ゴルフ、映画、ラーメン、ミスチル、シンディ・ローパー

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
のんびり♪みっきぃライフ
bnr_mickeylife.jpg
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
みっきぃパパへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文: