FC2ブログ

映画「台北に舞う雪」

本日2月20日公開の映画「台北に舞う雪」、観て来ました

taipei1.jpg

劇場はいつものシネスイッチ銀座

taipei2.jpg

初日一発目の上映は11時35分から。

taipei4.jpg

11時前から既に行列ができる

taipei3.jpg

初日先着プレゼントの台湾茶をゲット

taipei5.jpg

でも座席は半分もいかないくらいだったかな
年齢層は中高年が多い印象。

この映画は昨年の東京国際映画祭コンペティションに出品された作品で台湾映画

tiff5.jpg

正確には台湾、香港、中国、日本の合作映画

舞台は台北郊外の小さな町チントン。
渓谷、橋梁、列車・・・。
素朴で懐かしい風景が美しい

主人公の青年モウの母親は、まだ幼い息子を置いて失踪。
祖母は、雪が降ったら帰って来ると言い聞かせてきた。
台北に降るはずのない雪。
つまり、帰って来ないということ。
それでもモウはいまでも母親の帰りを待ち続けている。
モウはこの町を愛し、自分を育ててくれた町と町の人達に感謝し、
町の雑用を一手に引き受けながら生きる心優しい青年。

ある日その町をある女性が訪れる。
その女性メイは、新人の歌手で将来を期待されているが、ある理由から声が出なくなってしまう。
そういうことから周囲に行き先も告げず失踪。
そしてこの町にたどり着く。

モウとメイはこの町で出会い、お互い心に傷を持つ者同士、ひかれあう。

非常にシンプルなストーリーである。

そして心が温まる。
思わず笑顔になってしまうシーンも多い。

でも切なさもある。

映像のキレイな作品でほのぼのさせられたが、最後がちょっと・・・

そもそもたんたんとしたシンプルなストーリーなので、
あれはあれで良いのかもしれないが、ちょっと短絡的にシメてしまった印象

観ていた側としては、不完全燃焼。
公開前から期待し過ぎだったのかもしれないが・・・。

でも、総合的には観て損のない映画だと思った

繰り返すが、風景が美しい
モウとメイの橋の上のシーン。
足元の落ち葉がキレイで印象的だった

劇場にロケ地ツアーのチラシも置いてあったが、いつかあの町に行ってみたいと思った。

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 今日見た映画
ジャンル : 映画

ランキング参加中
ランキング参加中です。一日一回ぷちっと押してね矢印
プロフィール

みっきぃパパ

Author:みっきぃパパ
家族:みっきぃママ、みっきぃ(長男)、娘(長女)
職業:外資系エンジニア
年齢:アラフォー
キーワード:旅行、ゴルフ、映画、ラーメン、ミスチル、シンディ・ローパー

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
検索フォーム
のんびり♪みっきぃライフ
bnr_mickeylife.jpg
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
みっきぃパパへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文: