FC2ブログ
2010-03-14(Sun)

映画「スイートリトルライズ」初日舞台挨拶

昨日公開になった映画「スイートリトルライズ」。
渋谷シネマライズで初日舞台挨拶付きの上映回にて観て来ました

sweet1.jpg

朝9:00上映開始だったが、さすがに満席。
30代~40代の女性が多かったかな

開場前から長い行列。

sweet2.jpg

「スイートリトルライズ」は江國香織さんの小説を映画化したもの。

監督は矢崎仁司さん。
主演は中谷美紀さん、大森南朋さん。

とても繊細で静かな映画だが、観客には最初から最後まで絶妙な緊張感を与えている。
そして、夫婦間の距離の変化を器用に映像表現している。
監督と出演者たちの腕が効いているようである。

ストーリー・・・
 テディベア作家の妻・岩本瑠璃子(中谷美紀さん)とIT関連企業に勤める夫・岩本聡(大森南朋さん)。
 二人は結婚して3年。
 周囲からは仲が良い夫婦だと思われているが、実際には距離が開いて来ている。
 でも、二人は不幸せなわけではない。
 そんな中、妻にはある男性との新しい出会いが・・・。
 また、夫にはある女性との再会が・・・。
 そして・・・

というお話

岩本瑠璃子(中谷美紀さん)のセリフ、
 「人は守りたいものに嘘をつく」
というのが一番印象に残った。
まさにこれが映画のタイトルの「スイートリトルライズ」。

そして、
 「赤いバラ(情熱)と白いバラ(真実)さえあれば夫婦はうまくいく」
というセリフも印象深かった。

この2つのセリフ・・・、なるほどなって・・・

全般に、美しく、静かで、繊細で、優しい映画。
でも緊張感がある。

映画の前半に、マンションの奥の部屋から玄関のほうへズームアウトしていくシーンが一瞬出てくる。
そして、映画の後半には反対にズームインしていくシーンが出てくる。
おそらく映画の作り手側が意味を込めて描いたシーン。

こんな無言のカメラワークだけで人の心を描写する技術、素晴らしい

映画上映後、舞台挨拶。

登壇者は、矢崎仁司監督、中谷美紀さん、大森南朋さん、池脇千鶴さん(大森南朋さんの大学の後輩役)。

シネマライズで舞台挨拶を観たのは初めてだったが、登壇者へスポットライトを当てていなかったため、
暗くて顔がよく見えなかった

それでも中谷美紀さん、とてもキレイでした

撮影のエピソードとしては、
みなさん一様に「矢崎監督の声が小さくてよくわからなかった」と・・・

矢崎監督、江國香織さんとの対談についても語る。
江國香織さんは、
 「小説では小説でしかできないことをやるので、映画では映画でしかできないことをやってほしい」
と言っていたとかで、全然注文をつけてこなかったらしい。

でも唯一、「中谷美紀さんを主役に」ということだけはずっと言っていたとのこと。
その流れで中谷さんが主役に起用されたわけではないらしいが、
結局偶然にも中谷さんが主役に決まったことで、江國さんは相当喜んでいたとのこと。

その話をこの舞台挨拶の場で初めて知ったという中谷美紀さん、とても喜んでいた。

また、映画には老犬が出てくるが、
偶然にも江國さんの愛犬と同じ犬種だったとのこと。

こんな風にいろいろな偶然が重なったというお話、聞いててとても楽しかった♪

この老犬について、
 「タレント犬を探したが、登録されているのはみんな毛並みが良くて、きれいな犬ばかり。
  元気のない老犬を探すのに苦労した。
  結局、中谷さんの知っている美容院で看板犬として飼われていた犬を
  中谷さんが矢崎監督に紹介し、採用された」
とのエピソードも。

映画「スイートリトルライズ」、全般に良かったと思う♪

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



ランキング参加中
ランキング参加中です。一日一回ぷちっと押してね矢印
プロフィール

みっきぃパパ

Author:みっきぃパパ
家族:みっきぃママ、みっきぃ(長男)、娘(長女)
職業:外資系エンジニア
年齢:アラフォー
キーワード:旅行、ゴルフ、映画、ラーメン、ミスチル、シンディ・ローパー、米津玄師

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
のんびり♪みっきぃライフ
bnr_mickeylife.jpg
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
みっきぃパパへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文: