FC2ブログ

映画「パリ20区、僕たちのクラス」

一昨日の土曜日、ポレポレ東中野で映画「ヒロシマ・ピョンヤン~棄てられた被爆者~」を観た後、
神保町へ移動。

岩波ホールで公開中のフランス映画「パリ20区、僕たちのクラス」を観てきました

paris201.jpg

第61回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作品です

paris20.jpg

ローラン・カンテ監督作品。

この作品で驚くべきことは、
なんと、この映画に登場する24人の生徒全員と担任教師を含め教師全員が演技未経験の素人ということ。

しかし、その演技が素晴らしすぎる

また生徒一人一人の描写も素晴らしかったため、
この2時間強の映画の中で見事に生徒一人一人の個性を表現していた。

このポスターやチケットに写っている生徒達、
一人一人の顔を見てみると、「ああ、あの子だ」と思い出すことができる。

ただし、セリフがほとんどなかった(全く無かった?)生徒もいたが・・・。

この映画を観ていると、自分の中学生時代を思い出し、
いつも間にか自分をそのクラスの中に置いて観てしまっている。

フランス・パリの20区は移民の多い地区だそうだ。
クラスの生徒たちはアンティル諸島、モロッコ、マリ、中国など民族もまちまち。
もちろん性格も様々である。

優秀でまじめな生徒、将来の夢を明確に持っている生徒、逆に希望を持てない生徒、
家庭に問題を抱える生徒、問題行動を起こす生徒・・・

そのクラス担任は国語教師のフランソワ。
国語の授業を通し、フランソワが生徒一人一人と向き合い対話し、奮闘する1年間の物語。

生徒だけでなく、時に教師も問題を起こすことがある。
それを同僚教師や生徒がとがめた時の教師の行動とは・・・。

そんな時の教師の行動もリアルに描写している。
それも自分の中学生時代の教師達の顔を思い浮かべながら観てしまった。

素晴らしい描写

お勧め作品です

岩波ホールで8月6日(金)まで上映。

興味のある方は是非!

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ランキング参加中
ランキング参加中です。一日一回ぷちっと押してね矢印
プロフィール

みっきぃパパ

Author:みっきぃパパ
家族:みっきぃママ、みっきぃ(長男)、娘(長女)
職業:外資系エンジニア
年齢:アラフォー
キーワード:旅行、ゴルフ、映画、ラーメン、ミスチル、シンディ・ローパー

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
のんびり♪みっきぃライフ
bnr_mickeylife.jpg
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
みっきぃパパへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文: