FC2ブログ

映画「キャタピラー」2回目観賞

映画「キャタピラー」2回目観賞。

chirashi-caterpillar.jpg

9月4日(土)、ユナイテッドシネマ豊洲で「Mr.Children/Split the Difference」を観た後
有楽町に移動。

駅前のヒューマントラストシネマ有楽町へ。
12:40の回。

caterpillar2kaime1.jpg

8月14日公開初日、初日舞台挨拶付き上映回で「キャタピラー」を観た時も
ヒューマントラストシネマ有楽町だった。

今回は以前シネスイッチ銀座で買っておいた前売券を使用しての観賞。

caterpillar2kaime3.jpg

2回目も同じヒューマントラストシネマ有楽町を選んだのは、
リピータープレゼントでカットフィルムがもらえるから♪

caterpillar2kaime2.jpg

9月4日以降、2回目を観るとカットフィルムがもらえる。
で、ゲット

caterpillar2kaime4.jpg

この映画は「戦争」を痛烈に批判したものであるが、
観ていて感じるのは、戦争を非常に「虚しいもの」として表現しているということ。

外国で「お国」のためとやらで、殺戮を繰り返すことが何故英雄視されるべきことなのか?
そして「お国」の為に両手両足、そして話す力を奪われて帰国したことで
「軍神」として崇められることを本人も本当に誇りに思っているのか?
2回目観賞して、演技力のある役者さん達の表情をじっくり観察していて、
どうも本人もいろいろ疑問を感じているのではないかという描写をしているようである。

また、手足の無い「軍神」久蔵(大西信満さん)の世話を一手に引き受けるのは妻・シゲ子(寺島しのぶさん)。
親族を含め周囲は「久蔵さんのお世話はお国のためでもある」と繰り返すのみ。
「軍神様へ」と、食料の差し入れはするが、結局は久蔵の世話はシゲ子に任せっ切りである。
「お国のため」と言いながらも逃げる姿勢・・・、
これも、実は皆「お国」に疑問を持っているのではないかという描写の一つであると思う。

ただし妻・シゲ子が疑問を持っているのは明らか。

こんな戦争に加担してしまった日本。そして国家に翻弄された国民。
全て虚しい存在である。

また、印象深いシーンの一つに、水に落ちてうごめく毛虫の様子を映したものがある。
これも「虚しさ」を感じさせる。

映画の終わりに出てくる、ある数値的データ。
「虚しさ」を強調する。

元ちとせさんが歌うエンディングの「死んだ女の子」。
この曲が流れ始まるタイミングもゾっとさせられる。

ところで、映画の中で1945年8月15日正午の玉音放送が流れるが、
現代の言葉に置き換えた字幕が出る。
非常にわかりやすい。

興味のある人には是非観てもらいたい作品である。
前回観た時の記事はこちら↓
http://mickeypapa.blog62.fc2.com/blog-entry-426.html

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ランキング参加中
ランキング参加中です。一日一回ぷちっと押してね矢印
プロフィール

みっきぃパパ

Author:みっきぃパパ
家族:みっきぃママ、みっきぃ(長男)、娘(長女)
職業:外資系エンジニア
年齢:アラフォー
キーワード:旅行、ゴルフ、映画、ラーメン、ミスチル、シンディ・ローパー

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
のんびり♪みっきぃライフ
bnr_mickeylife.jpg
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
みっきぃパパへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文: