FC2ブログ

映画「ソウル・キッチン」

先週の土曜日、渋谷シネマライズにて、
ドイツ、フランス、イタリア合作映画「ソウル・キッチン」を観賞

14:50の上映回。
上映後にトークショーが予定されていることもあってか、ほぼ満席

soulkitchen1.jpg

ファティ・アキン監督のドイツ北部の港町ハンブルクを舞台にした作品。

言語はほぼドイツ語。

監督、脚本:ファティ・アキンさん
主演、脚本:アダム・ボウスドウコスさん(ジノス役)
出演:モーリッツ・ブライプトロイさん(ジノスの兄、イリアス役)、ビロル・ユーネルさん(シェフ、シェイン役)

第66回(2009年)ヴェネチア国際映画祭・金獅子賞ノミネート
第66回(2009年)ヴェネチア国際映画祭・審査員特別賞受賞
第66回(2009年)ヴェネチア国際映画祭・ヤングシネマ賞受賞

何度も大笑いさせてもらいました
軽快でコミカルでテンポが良くて楽しくてカッコ良くて・・・とにかく素晴らしい作品

ドイツ語の響きも心地良い

倉庫のような古びたレストラン「ソウル・キッチン」。
もし実際に存在するなら、
ドイツ・ハンブルクへ行って是非ここで食事がしたいと思うほど魅力的な場所。

映画の出だしの軽快な音楽と映像がいい感じ♪
そしてエンディングもオシャレでいい感じ♪
最初から最後までいい感じ♪
特に音楽がいい

多彩なキャラクターが織成すしつこさの無いストーリー展開と、
映画全体に流れるリズム感

映画の中盤で客席から起こった拍手
この作品がどれだけ観客を楽しませてくれるかを物語る一幕

また、この作品で忘れてはならないテーマのひとつは、「民族、移民」について。
各民族にとってその文化を象徴するものの一つに食文化があり、
それを提供するのがレストラン。
そして、この作品に登場する「ソウル・キッチン」ではソウルフードを提供する・・・。

ストーリー・・・

 ドイツ北部・ハンブルクでレストラン「ソウル・キッチン」を経営するジノス。
 恋人が突然中国へ旅立ってしまったり、
 ギリシャ製の非常に重い食器洗浄機を動かそうとして椎間板ヘルニアになったり、
 滞納した税金の支払いを税務署から迫られたり、
 刑務所から仮出所してきた兄イリアスの問題など・・・ 
 ロクでもないことばかりが起こる。
 
 ある日、あるきっかけから偶然知り合った料理人シェインを「ソウル・キッチン」で雇うことになる。
 シェインのやり方が最初は受け入れられず、一度は客が離れていくが、
 その後、シェインの料理が評判となり「ソウル・キッチン」は大盛況となる。
 
 その後、うまくいったりうまくいかなかったりのジノスだったが、更なる悲劇が・・・。
 
・・・・・

上映後のトークショー終了後、外に出ようとすると、
次の上映回を待つ観客が階段をぐるっと回り込み、外まで行列が繋がる程の大盛況。

soulkitchen2.jpg

大人気の映画「ソウル・キッチン」、お勧め作品!
是非劇場まで!

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ランキング参加中
ランキング参加中です。一日一回ぷちっと押してね矢印
プロフィール

みっきぃパパ

Author:みっきぃパパ
家族:みっきぃママ、みっきぃ(長男)、娘(長女)
職業:外資系エンジニア
年齢:アラフォー
キーワード:旅行、ゴルフ、映画、ラーメン、ミスチル、シンディ・ローパー

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
検索フォーム
のんびり♪みっきぃライフ
bnr_mickeylife.jpg
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
みっきぃパパへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文: