2011年を振り返る。

2011年も今日で終わります。
本当にいろいろあった1年でした・・・。

我が家では、長女が誕生しました。

そして今年は3月11日に未曾有の大災害・東日本大震災が発生しました。
この大災害を経験した我々日本人にとっては忘れられない1年となりました。

3月11日以降、夏にかけての余震、物不足、計画停電、放射能汚染など・・・。
そんなたいへんな環境の中、5月3日に長女を出産したみっきぃママ、
無事生まれてくれた長女、そして環境の変化にも順応してくれたみっきぃにも改めて感謝したい。

そんな1年を月ごとに振り返ってみたいと思います。

・・・・・

2011年1月。

2010年の12月に突然ヘルニアを発症したみっきぃ
12月中は、一時は全く立つことができない状態に陥り、本当に心配しました。

この時期は、大切な息子・みっきぃのために、
毎週の様に目黒まで車を走らせ、鍼治療に通う日々を過ごしていました。

anea7.jpg

・・・・・

2011年2月。

みっきぃのヘルニアの症状は改善されてきたものの、まだ散歩中足を擦ったり、
歩き方が不安定だったり・・・。
尚も鍼治療に奔走するみっきぃ一家でした。

出産まで3ヶ月を切ったみっきぃママ。
3人での最後の宿泊旅行になるだろうということで、
千葉・館山へ1泊2日の家族旅行へ出掛けたりもしました。

tateyama20102016.jpg

・・・・・

2011年3月。

3月11日(金)14時46分、宮城県沖を震源とするM9.0という大地震が発生。

この日たまたま新潟へ出張に行っていました。
地震発生時は、新潟県内の関連会社の事務所で打ち合わせ中でした。
新潟県K市は震度4と発表されましたが、かなり強い揺れがかなり長く続き、
体感震度は震度5以上でした。

地震発生直後、屋外に避難しましたが、
その時に震源が宮城沖で、最大震度が宮城県栗原市の震度7という情報だけ耳にし、
地理的な関係から、まさかその時は新潟よりも首都圏の方が揺れが強かったとは想像さえもしていませんでした。

しかし、実はこの大地震は2度の宮城沖の断層破壊と茨城沖の断層破壊が短時間で連続で発生したものであったとのことでした。

地震発生直後に、埼玉県の自宅にいたみっきぃママとは連絡が取れ、
みっきぃともに怪我が無いことを知りました。
自宅ではいろいろなものが落下して破損したりしましたが、大きな被害はありませんでした。

本人とは連絡が取れたものの、妊娠9ヶ月目の妻を自宅に置いてきたということで、
一刻も自宅に帰りたい気持ちでいっぱいでした。

そして父とも連絡が取れ、両親の無事が確認できました。

その後、東京、埼玉、千葉、神奈川など首都圏でも大きな被害が出ていることを知り、
強い衝撃を受けました。

上越新幹線は終日運行中止を決め、首都圏の全てのJR線も運行中止。
関越自動車道も閉鎖に。
帰る手段を失い、3月11日は新潟市内のホテルに宿泊し、翌日帰宅することにしました。

そして、東北から関東にかけての太平洋沿岸部に非常に大きな津波が押し寄せ、
多くの街が壊滅状態にあることを知りました。

茨城は!?!?!?大洗は!?!?!?
全身に鳥肌が立つ思いでした。
大洗、那珂湊などの沿岸部には多くの親戚達が暮らしています。

既にテレビでは、大洗漁港が津波に襲われる映像が繰り返し流され、
今までに見たことともないような、大洗沖の大きな渦を巻く荒れた海の様子・・・。

その後3月14日(月)に親戚全員の無事を知り、安心はしましたが、
その後しばらく経ってから、地震による家屋への被害や、津波による車への被害など、
「良かった」の一言では済まない事実を知り、衝撃を受けました。

3月12日(日)午前3時59分、
携帯電話の緊急地震速報が鳴り響き、新潟のホテルで飛び起きました。
長野北部を震源とする最大震度6強という大地震です。
新潟市内ではそれほど大きな揺れを感じませんでしたが、
東北から関東にかけての太平洋沖の震源域とは全く異なる場所で発生した大地震、
また違った不安要素が頭をよぎり、いつ家族に会うことができるのだろうか・・・、
とにかく不安な時間を一人新潟で過ごしました。

結局自宅に帰ることができたのは、3月12日(日)の夜遅くなってからのことでした。

同時にとにかくたいへんな1週間の始まりでした。
多発する携帯電話の緊急地震速報とその直後の余震、
原発事故による放射能汚染の心配、そして計画停電の実施・・・。

電車は運休し、ガソリン不足で会社に行けなくなってしまった1週間。

報道されている東北、関東の信じられない様な被害状況に毎日のように衝撃を受けながらも、
自分達の生活を直撃する数々の出来事・・・。
そんな3月の日々を過ごしながら、徐々に通常の生活を送ることが出来る様になってきたのは、
3月末になってからでした。

・・・・・

2011年4月。

みっきぃママもついに臨月を迎えました。

yakitori2011042601.jpg

しかし相変わらず余震は続いていました。
特に4月11日の夕方に発生した余震では、埼玉県南部でも震度5弱の強い揺れを観測しました。
そして放射能汚染の問題は、妊婦を抱える我が家にとっても大きな関心事の一つでした。

また、震災後の自粛ムードを我が家でも断ち切るべく、
銀座の「てんぷら近藤」へ夫婦で食事に行ったり、
山中湖のペンションへ宿泊旅行へ行ったりしました。

tempurakondo06.jpg

お腹にいる娘の為にもなるべく楽しい気分で毎日を過ごしたいという気持ちからでした。

山中湖のペンションは、震災後初めての客であったり、
予約を入れるのが難しい人気店「てんぷら近藤」も簡単に予約が入ったりと、
サービス業を営む方々の深刻さを感じた1ヶ月でした。

yamanaka029.jpg

・・・・・

2011年5月。

2011年5月3日午前1時44分、無事元気な女の子が誕生。
予定日から1週間遅れての長女誕生でした。
たいへんな世の中で、無事に元気に生まれてくれて、とても嬉しかった。

babyday101.jpg

5月3日の未明、長女と初めて会って、その帰り道、
節電のためコンビニなどの店舗の明りが消えた国道・・・。
改めて、わが娘はたいへんな時期に生まれて来てくれたのだと、感謝の気持ちでいっぱいでした。

・・・・・

2011年6月。

近くの神社へ娘のお宮参りに行きました。
まだまだ日々すくすく成長していく様子を感じ、成長を楽しみに毎日を過ごす月でした。

omiyamairi03.jpg

また、職場では大きな人事異動があったりして、仕事面ではいろいろと大変な月でした。

・・・・・

2011年7月。

暑い夏でした。
わが職場でも、輪番休日制度が実施され、大変な時期でした。
でも日本全体が大変な状況下にあるので、協力は当然だと思いながら日々過ごしていました。

アメリカ本社から来客があって、バタバタしたりもしました。
3月11日の夕方、アメリカはまだ早朝でしたが、いち早く心配してメールを送ってくれたのも彼らでした。
あの時は、次々と世界中の知り合いからメールをくれたのが嬉しかった。
それだけ、あの震災は世界中で大きく報道されたということです。

みっきぃの5歳の誕生日に合わせて、初めての家族4人での宿泊旅行で館山に行ったのも7月。
生後2ヶ月の娘は、食堂でも大人しくしてくれていて、
2泊3日の館山旅行、のんびりと楽しく過ごすことができました。

tateyama20117080.jpg

また、休刊となった雑誌「ぴあ」の「ぴあ満足度ランキング」に、
みっきぃパパの映画感想コメントが掲載されて、とても嬉しかった♪

pialast5.jpg

・・・・・

2011年8月。

震災後初めて家族で茨城県の大洗、那珂湊を訪れました。
親戚達へ娘が生まれた報告することと、墓参りが目的でした。
早く行きたかったのですが、被災地である大洗の状況、続く余震、放射能汚染などの問題から、
なかなか行くことができませんでした。

現地では、墓地の被害状況や、家屋の被害状況にも衝撃を受けましたが、
親戚達の元気そうな様子を見て、そしてやっと娘を親戚の皆さんに紹介できて、ほっとしました。

oarai20110811.jpg

一人旅でベトナム旅行へ行ったのもこの月でした。

hanoi107.jpg

そして娘のお食い初め。順調に育ってくれています。

okuizome6.jpg

・・・・・

2011年9月。

用事があり、また茨城の親戚の元を訪れました。
震災から半年経っても尚、深い傷跡の残る那珂湊の「おさかな市場」の状況にも驚きました。

nakaminato2011091112.jpg

9月後半、一人で東北の被災地を訪れました。
まだまだ必要とされている瓦礫撤去などのボランティア活動に参加するつもりでしたが、
保険の問題などから実際に参加することはできませんでした。

栗原、登米、気仙沼、南三陸、石巻、東松島、松島・・・。
実際に現地へ行ったことで、メディアを通して見て来たものとは異なる視点で様々な問題点を知りました。
この経験を今後の為に、そして被災地の方々為になる行動を取る為の材料としていきたいと思います。

tohoku066.jpg

津波の被害が少なく、今は遊覧船なども通常運行されている松島湾。
観光客の激減は深刻な問題です。

tohoku115.jpg

そして、すぐ近く、湾の外側の東松島市の奥松島。壊滅的被害に言葉もありませんでした。

tohoku130.jpg

今も壊滅的状況にある地域とそのすぐ隣の観光地。
我々県外の人間の行動、難しい判断だと思いますが、
現地へ行って現地でお金を使うこと、これも立派な復興支援だと思います。

9月後半、輪番休日も終わりました。
震災から半年経って、あれほど大きな揺れを経験し、多くの死傷者を出した首都圏ですが、
震災の話題が出ることも少なくなりました。
今も続く震災の傷跡、いつまでも忘れないようにしたいと思います。

・・・・・

2011年10月。

みっきぃパパの両親と一緒に親子3代での長野旅行、みっきぃのワンワン運動会など、
家族で参加するイベントごとの多い月でした。

shinshu057.jpg

また、みっきぃパパは、毎年楽しみにしている東京国際映画祭を今年も楽しむことができました。

tiff2011001.jpg

・・・・・

2011年11月。

みっきぃパパ、1年振りのアメリカ出張。
今回は2週間の出張で、娘と2週間も離れるのは初めてでした。
少し離れてみることで、我が娘の可愛さを改めて実感しました。

usa201111015.jpg

・・・・・

2011年12月。

年末はやはり忙しい・・・。

12月は新潟へ2回、そして琵琶湖へ1回出張。
それに忘年会や送別会など会社がらみでバタバタ。

その一方、思い付きで西湖へ日帰り旅行に行ったり、

saiko07.jpg

フグ料理のクリスマスイブ・ディナーを家族で楽しんだり、

fugu101.jpg

充実した月でした。

・・・・・

いよいよ新しい年が始まります。
世界中の人々にとって素晴らしい年になりますように。

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

近所に台湾料理店、現る。

半年くらい前(たしか・・・)に近所に突然出現した台湾料理店

家族で初めて行ってみる♪

初めてだったが、大満足

早くて、安くて、旨い

そして店員さんはみんな台湾人らしく、フレンドリー

ウェイトレスの女性に抱っこされて娘も楽しそうでした♪

taiwan01.jpg

厨房のみなさんも顔を出しています

席も広いので、赤ん坊連れでも楽にゆったりと座れたりもする。

taiwan04.jpg

コーンおかゆ

taiwan05.jpg

焼き餃子

taiwan06.jpg

酢豚

taiwan02.jpg

牛肉鍋

taiwan03.jpg

何を食べても美味

シメは台湾ラーメンと小ライス

taiwan07.jpg

この台湾ラーメン、なんと280円でございます
期間限定らしいが・・・。

taiwan08.jpg

美味しく楽しいディナー、常連になりそうである♪

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

映画「CUT」

現在公開中の日本映画「CUT」、今週月曜日にシネマート新宿で観て来ました

月曜日はメンズデーで1000円均一

cut.jpg

なんて独創的な作品だろう・・・というのが一番の印象。

暴力的描写が見てて辛くなる時もあるが、
その「暴力」からしっかりとしたメッセージを感じることができる

商業主義に走るシネコン系の映画に対する批判をしながら、
芸術としての「映画」に対する愛情を強く表現している。

イランのアミール・ナデリさんが監督を務め、
西島秀俊さんが主演というたいへん面白い組合せである。

監督:アミール・ナデリさん
出演:西島秀俊さん、常盤貴子さん、菅田俊さん、でんでんさん、笹野高史さん他
脚本:アミール・ナデリさん、アボウ・ファルマンさん

ストーリー・・・
 
 売れない映画監督の秀二(西島秀俊さん)は、映画に強い情熱を持ち続けている人物である。
 ある日秀二は、やくざとの借金トラブルが原因で兄が殺害されたことを知る。
 その借金は、弟・秀二が映画を撮る為の資金だったことも知り、秀二は自責の念に駆られる。
 そして、秀二は兄の借金を「殴られ屋」をすることで返済することにする・・・。
 殴られる場所は、兄が殺害された場所だった・・・。

この映画に数多くの映画作品のタイトルが出て来るが、改めて観てみたいと思う作品ばかりである。
これは、「映画」の魅力も伝えてくれる映画である。
「月世界旅行」、「2001年宇宙の旅」、「街の灯」、「東京物語」、「雨月物語」、
「市民ケーン」、「イントレランス」、「木靴の樹」、「第三の男」、「童年往時」等々・・・。

映写機の光を身体全体で受ける秀二のカットが2度出て来るが、
幻想的かつ美しいシーンである。

西島秀俊さんの真に迫った演技も非常に良い。

エンディング~エンドロールもシンプルながら魅力がある。
終わり方が非常に良い。
エンドロールも映画の一部であり、大切な要素だと思う。

暴力的描写が多く刺激が強いが、特に映画好きな人にとっては非常に魅力のある作品である。
興味のある人は是非劇場で観賞されることをお勧めしたい。

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

フランス映画「サラの鍵」

現在公開中のフランス映画「サラの鍵」、新宿武蔵野館で観て来ました

また素晴らしい作品に巡り合うことができました。

「サラの鍵」は、昨年10月に開催された第23回東京国際映画祭で、
最優秀監督賞および観客賞の2冠に輝いた作品。

chirashi-sarahnokagi.jpg

パリのアパートに部屋を借りた米国人女性記者が、
1942年7月のユダヤ人一斉検挙の瞬間までその部屋にユダヤ人一家が住んでいたことを知り、
住人だった10歳の少女サラのその後を追うという内容。

この作品では、ナチス占領下にあったパリ警察によるヴェルディヴ事件をテーマにしている。
ヴェルディヴ事件とは、1万3千人ものユダヤ人がパリ警察によって一斉検挙され、
屋内競輪場に監禁され、その後収容所に送られたというユダヤ人迫害事件である。

女性記者の若い同僚の男性が
「競輪場での写真が殆ど残っていないというのはおかしい。何でも記録に残すナチスにしては」
と言ったのに対して、女性記者が、
「これはフランス警察がやったことだから」
と返すシーンが印象的だった。

後にシラク大統領も認めた、フランスが国家としてユダヤ人迫害に加担していたという衝撃的事実・・・。

かつてヨーロッパで起きたユダヤ人の迫害については、
世界中の人々の心に残る人類が犯した歴史的大罪であるが、
この出来事をテーマにした映画は今までにも多く制作されてきた。

「さよなら子供たち」、「ソフィーの選択」、「戦場のピアニスト」などが印象深い。

「サラの鍵」もそれら過去の作品にも勝る程の強いインパクトを与えている。

特にラストシーンの描写は非常に心に響くものであり、泣いてしまった。

人類が過去に犯した罪を映像を通して観ることは、やはり辛い。
しかし、これはわずかに70年程前の話であり、決して古い出来事ではない。
過ちを繰り返さないために、事実を忘れないように、このような映画が制作され、
紹介されていくのは素晴らしいことだと思う。

・・・・・

監督:ジル・パケ=ブランネールさん
脚本:ジル・パケ=ブランネールさん 、セルジュ・ジョンクールさん
原作:タチアナ・ド・ロネさん
出演:クリスティン・スコット・トーマスさん(ジュリア)、メリュジーヌ・マヤンスさん(サラ)他

・・・・・

ストーリー・・・

 1942年7月16日、パリ。ユダヤ人一斉検挙の朝。
 10歳の少女サラ、弟、両親の暮らすアパートに突然警察官が現れる。
 警察官からまだ幼い弟ミシェルを守る為、サラはミシェルを納戸に入れ外から鍵をかける。
 弟を隠した時、サラはすぐに家に戻ることが出来ると信じていた。
 
 サラと両親は警察官に連行され、
 他の大勢のユダヤ人らと共にトイレも水も無い劣悪な環境下の屋内競輪場に収容される。
 
 ミシェルを迎えに行く手立てもないまま数日が過ぎ、
 一家は収容所に移送され、さらに家族3人は引き離されてしまう。
 納戸の鍵を握りしめたサラは決死の覚悟である行動に出ることにする。
 
 ・・・・・
 
 2009年、かつてサラが暮らしていたパリのアパートに、女性記者ジュリアが移り住んでくる。
 サラの一家の出来事を知ったジュリアは、真実を知るため、
 サラのその後を調査することにする。

 一方、ジュリアは長年不妊治療を続け、数度の流産を経験していたが、
 ついに妊娠に至る。
 
 ・・・・・
 
 サラは弟を救うことができたのであろうか?
 サラは今もどこかで元気に暮らしているのであろうか?

・・・・・

「死」の表現の多い中で、「生」への光を感じさせる作品である。

特にラストシーンは、明らかになった過去の悲劇を乗り越え、
明るく希望に満ちた未来を想像させるものである。

また、演技、映像表現、脚本、音楽・・・何を取っても素晴らしく、
映画として芸術的センスに満ち溢れた作品である。

過去と現在のシーンが何度も往復するが、非常に分かりやすく、よくまとまっている印象。

今年有数のお勧め作品。
是非一人でも多くの人に観てもらいたい。

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

フグのクリスマスイブ

1年振りにフグ三昧♪

今年のクリスマスイブは、
みっきぃパパの両親の招待で昨年のクリスマスに行ったフグ料理店でディナー

昨年の12月25日はまだママのお腹の中にいた娘も・・・

fugu02.jpg
(2010年12月25日撮影↑)

今年の12月24日には、しっかりとママに抱っこされて、このお店に戻って来ました♪

fugu101.jpg
(2011年12月24日撮影↑)

コースは基本的に昨年と同じで、まずはコリコリの皮

fugu102.jpg

そして、てっさ
とても甘くて、全く臭みが無い

fugu103.jpg

ぶつ刺しも昨年に引き続き激うまです

fugu104.jpg

ふっくらとした身の唐揚げも絶品

fugu105.jpg

銀杏も美味

fugu106.jpg

そしてこれはオプションで注文した白子

fugu107.jpg

生まれて初めて食べたフグの白子。
こんなに美味しいものだとは思わなかった
柔らかくて甘い♪

フグの皮の唐揚げ
味付けも旨いし、勿論皮自体も美味♪

fugu108.jpg

更にフグの炭火焼

fugu109.jpg

自分で焼きながら食べると更に美味しく感じるものですな

そして鍋

fugu110.jpg

あーうま

で、何故かここで店員さんが生きたフグを見せてくれたりして・・・。

fugu111.jpg

そしてシメは雑炊

fugu112.jpg

エキスがよく出ております♪

デザートはナッツ入りアイス

fugu113.jpg

フグ料理、生で食べても、焼いても揚げても茹でても美味

娘も良い子にしててくれました♪

fugu114.jpg

大満足のクリスマスイブ・ディナーを楽しんだみっきぃ一家なのでした♪

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

さよならスノーボード

先週、燃えないゴミの日があって、ついにスノーボードを廃棄。

がーん

このスノーボード、御茶ノ水のビクトリアで、確か1996年のシーズンに購入したもの。

snowboard.jpg

そーいえばこのボードを買った時、たまたま風間ト○ルさんが買いに来てたことを思い出す。

最初の頃は毎シーズン3回位は滑りに行っていたが、最近はもう何年も滑っていない・・・。

ボードも傷だらけだし、金具も壊れているし、思い切って捨ててしまいました

snowboardura.jpg

想い出の品を捨てるのは思い切りが必要だったりするが、
家族が増えて物も増える中、思い切って行動するチャンスかなーなどと・・・

おかげで家の中がすっきりしたらしい

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村

テーマ : スノーボード
ジャンル : スポーツ

東寺

今週木曜日、琵琶湖へ出張してきたみっきぃパパ。

乗り換え駅の京都で下車して、京都観光♪

とは言っても1時間ちょっとしかないので、京都駅に近い観光名所へ

で、JRの改札を出て、目の前の近鉄の乗り口へ。

kyoto03.jpg

そして京都駅の隣の東寺駅まで近鉄に乗ってみる

kyoto04.jpg

電車からも東寺の五重塔が見えます♪

kyoto05.jpg

そしてあっという間に東寺駅到着。

kyoto06.jpg

京都駅からは近いので、歩いてもそれ程遠くはないのであるが・・・

kyoto07.jpg

ぶらぶらと歩き、東寺の南大門に到着。

kyoto08.jpg

そして拝観料500円を払い、中へ入ってみる

kyoto14.jpg

まだ紅葉がキレイである。

kyoto09.jpg

講堂や、

kyoto10.jpg

金堂の中にある仏像は見事であります。

kyoto11.jpg

高さ55メートルという五重塔、素晴らしい

kyoto12.jpg

紅葉もキレイである

kyoto13.jpg

・・・・・

そんな感じで駆け足で東寺を見学し、徒歩で京都駅へ戻る。

途中の落ち着いた佇まいも美しく、やはり京都である。

kyoto15.jpg

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

京都へ

今週木曜日、日帰り出張で琵琶湖に行って来ました

琵琶湖といえば、滋賀県・・・。

そーいえば滋賀県って、通過はあるが駅の外に出たことって、今まで一度も無かったような・・・。

というわけで、まずは新幹線で京都へ♪

kyoto01.jpg

仕事は午後からだったので、家を早めに出て、
昼までの間、京都観光でもしようかとたくらんでみる

京都は、確か15年振り位である♪

kyoto02.jpg

この「京都」という表示↑を見るだけでなんかワクワクするものですな♪

つづく

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

出前ラーメン

子供の頃大好きだった出前ラーメン。

近所においしいラーメン屋があって、
「怪物ラーメン」という唐揚げ入りのラーメンを楽しみに食べていたものである

ところが・・・その後横浜に住んでいた時も、熊谷にいた時もそうだったが、
今住んでいる所でも出前をしてくれるラーメン屋というものが存在しない

そういうわけで、ここ10年以上はなかなか出前ラーメンを味わう機会が無かったりする

でもたまに親戚宅とかで出前ラーメンにありつけるチャンスもあったりするが・・・。

そんな環境下で過ごしているみっきぃ一家であるが、
最近なんとみっきぃパパの実家の近くに出前専門ラーメン店が突如出現

喜ばしいニュースである

で、野菜ラーメン♪

demaeramen1.jpg

具だくさんで、麺もなかなか美味♪

demaeramen2.jpg

広東麺も旨そうで・・・、

demaeramen3.jpg

こんな丼モノまで・・。

demaeramen4.jpg

出前ラーメン、たまに食べると旨いものですな

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

また新潟へ

今週月曜日、また新潟へ行って来ました

日帰り出張

群馬から新潟への長ーいトンネルを抜けると、突然雪景色
そしてすぐに越後湯沢駅到着。

冬は太平洋側と日本海側のこの景色のギャップが楽しい♪

niigata201112191.jpg

2週間前はまだ山の上の方にうっすらと雪が被っていただけだったが・・・。

浦佐駅付近の雪原も美しい

niigata201112192.jpg

燕三条駅も雪景色

niigata201112193.jpg

というわけで、夜は飲み会に参加して、深夜に帰宅・・・。

がーん

で、また食用菊を食べてきたらしい

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

ランキング参加中
ランキング参加中です。一日一回ぷちっと押してね矢印
プロフィール

みっきぃパパ

Author:みっきぃパパ
家族:みっきぃママ、みっきぃ(長男)、娘(長女)
職業:外資系エンジニア
年齢:アラフォー
キーワード:旅行、ゴルフ、映画、ラーメン、ミスチル、シンディ・ローパー

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
のんびり♪みっきぃライフ
bnr_mickeylife.jpg
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
みっきぃパパへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文: