FC2ブログ

韓国映画「マイウェイ 12,000キロの真実」初日舞台挨拶

1月14日(土)に公開となった韓国映画「マイウェイ 12,000キロの真実」、
新宿バルト9で、初日舞台挨拶付き上映回にて観て来ました

myway.jpg

これは実際に存在した人物をモデルにした作品である。

ノルマンディー上陸作戦。
連合軍に捕らえられたドイツ軍兵士。その中にドイツの軍服を着た東洋人がいた。
彼は、日本軍、ソ連軍、そしてドイツ軍の軍服を着る運命に翻弄されながら、
ユーラシア大陸を横断しフランスのノルマンディーに辿り着いたアジア人男性だった。

監督、脚本:カン・ジェギュさん
音楽:イ・ドンジュンさん
出演:チャン・ドンゴンさん、オダギリジョーさん、夏八木勲さん、鶴見辰吾さん、佐野史郎さん、山本太郎さん他

カン・ジェギュさんは、「ブラザーフッド」、「シュリ」等を手掛けた監督。

映画「マイウェイ 12,000キロの真実」は、
第二次世界大戦下の朝鮮半島、中国、ソ連、ヨーロッパを舞台にした戦争映画である。
朝鮮戦争を題材にした映画「ブラザーフッド」が好きな人はきっと気に入ると思う。
「ブラザーフッド」とテイストがかなり近いです。

全般にシリアスな作品だが、所々コミカルな演出も入る。
「ブラザーフッド」と同様、非常に戦闘シーンが多く、
人が死ぬリアルなシーンが多過ぎることに少々疲れた。

「戦争とはこういうもの」と示したかったのもしれないが、
映画全体として、リアルな戦闘シーンを見せるのが目的なのか、
それとも男と男との友情で感動させることが目的なのか・・・、
内容が盛りだくさん過ぎてまとまりに欠ける印象。

映画は「説明」が多過ぎるとまとまりのないものになってしまう。
適度に説明を省き、我々観客の想像力をもっと掻き立てる作りの方が個人的には好みである。
勿論、説明が無さ過ぎると、作り手側のひとりよがりの解り難い映画になってしまうのだが・・・。

全般には「感動モノ」と言えると思うが、もう少し「お涙頂戴的」な演出を控えてほしかった。

また、戦闘シーンはともかく、その他のシーンでも人が残酷な様子で死ぬシーンがあったが、
このようなシーンについては全く意味を理解できない。
恐らく「娯楽」目的だろう。

これは実話を元にした作品とのことだが、恐らく個々のエピソードはかなり脚色されていると思う。
ピンチを切り抜けるタイミングが良すぎるなど・・・。

ストーリー・・・

 1928年、日本占領下の朝鮮半島、ソウル。
 そこでまだ子供だった日本人・長谷川辰雄(オダギリジョーさん)と
 朝鮮人・キム・ジュンシク(チャン・ドンゴンさん)が出逢う。
 
 2人はたいへん優秀なランナーとして成長し、お互いよきライバルとして意識し合う。
 そしてオリンピック選考会の日、ある事件が起こる。
 それは激しい朝鮮人への差別が起こした悲劇だった。
 結果、ジュンシクは日本軍に強制徴用されることとなり、オリンピックの夢は消える。
 
 1939年、旧満州ノモンハン。
 辰雄とジュンシクは再会する。
 日本への愛国心を胸に冷酷な軍人として成長した辰雄、
 そしてランナーとしての夢を持ち続ける「日本兵」ジュンシク。
 
 日本軍はソ連軍の奇襲攻撃を受け、敗北。
 辰雄とジュンシクはソ連軍の捕虜となり、シベリアへと移送される。
 
 そして・・・

・・・・・

映画上映前に初日舞台挨拶が行われた。時間は20分強。
登壇者は左から、佐野史郎さん、夏八木勲さん、カン・ジェギュ監督、オダギリジョーさん、鶴見辰吾さん。

今回の舞台挨拶も上映前ということで、深い話が抑えられてしまっていた。

印象に残ったコメントは以下の通り。

オダギリさん:
 監督に声を掛けられてから1-2年。やっと公開という気持ち。

夏八木さん:
 歴史的には韓国はとても近い国で、興味があった。
 もしかすると我々の祖先の姿が垣間見られるのではないかと思っていたが、
 行ったらその通りだった。
 過去のギクシャクを乗り越えて、交流を深めていければと思い、この映画に参加した。

佐野さん:
 韓国の撮影所には震災の直後に入った。現場では我々日本人に気を使ってくれて感謝している。
 ここではラストは言えないが、余韻をまだ引き摺っている。
 これは実際に起こったこと。長編のファンタジーとして受け止めて欲しい。

監督:
 日本で「ブラザーフッド」が紹介されて随分経った。
 「シュリ」や「ブラザーフッド」を愛してくれてありがとう。
 「マイウェイ」はそれら作品には無いメッセージを含んでいる。
 「シュリ」や「ブラザーフッド」よりも長い時間をかけて作り上げた作品である。
 日本人とか韓国人とかではなく、一人の人間としてこの映画と向き合って欲しい。

オダギリさん:
 日本と韓国はずっと微妙な関係が続いていた。
 第二次世界大戦における日本、韓国、中国をテーマにした作品は必ず叩かれる。
 それを敢えてテーマにした監督に尊敬の念を抱く。

監督:
 日韓のプロジェクト、これからも見つめて欲しい。

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

ランキング参加中
ランキング参加中です。一日一回ぷちっと押してね矢印
プロフィール

みっきぃパパ

Author:みっきぃパパ
家族:みっきぃママ、みっきぃ(長男)、娘(長女)
職業:外資系エンジニア
年齢:アラフォー
キーワード:旅行、ゴルフ、映画、ラーメン、ミスチル、シンディ・ローパー

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
のんびり♪みっきぃライフ
bnr_mickeylife.jpg
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
みっきぃパパへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文: