FC2ブログ

映画「レンタネコ」2回目観賞

5月12日(土)に公開になった荻上直子監督の最新作「レンタネコ」、
5月26日(土)にトークショー付き上映回にて2回目観賞

rentacat12.jpg

劇場は、前回初日舞台挨拶付き上映回で観賞した時と同じで、
銀座一丁目にある「銀座テアトルシネマ」。

rentacat13.jpg

このブログでも紹介したとおり、銀座テアトルシネマは来年5月に閉館することが発表されたばかり。
高校生の頃からの想い出の映画館、あと1年程度でなくなってしまうというのはとても寂しいこと

rentacat14.jpg

今回は、「映画公開記念トークショー」ということで、
荻上直子監督、田中圭さん、放送作家の鈴木おさむさんが14時15分の回上映終了後に登壇。
映画に関する楽しい話を聞かせてくれた。

rentacat11.jpg

映画は初めて観た時と2回目、3回目・・・観た時とでは感じ方が変わるものである。

また、大抵の映画に共通することは、2回目以降の方が細部のこだわりに気が付いたり、
各シーンの隠された意図を理解できたりと、理解が深まることが多い。

トークショーなどで、その作品の制作に直接関わっていない人の理解を聞いたりするのも、
新しい発見が少なからずあるもので、有意義な時間となる。

好きな映画は、トークショー、ティーチイン、Q&Aなどが付いている上映回に
2回目以降観賞することに大きな意味があったりする。

今回「レンタネコ」もそういう理由からトークショー付きの回で、
2回目観てみようと思った。

初日舞台挨拶の時と同様、まだチケットは残っていて、最終的に上映直前に完売となった。

この作品には印象的なカットがいくつも存在する。

その一つ。
冷蔵庫の中にオレンジ色のゼリーのみがたくさん入っているカット。
荻上監督の作品「かもめ食堂」で、
もたいまさこさんのスーツケースの中に
黄色いキノコがたくさん詰まっているカットが出てくるが、
それを思い出した。
ゼリーの穴が生クリームで埋まっている。
これは、心の穴が埋まったという描写である。

そして、アイスの木の棒を庭の土に突き刺すシーン。
主人公が、忘れたい過去を葬り去る為に、それを墓に見立てて突き刺したのでは?

冒頭のシーン。
主人公がネコにエサをやろと、履物を脱いで部屋の奥に入って行くシーン。
カメラアングルは変わらず、主人公が部屋に上がると足元だけが映る。
ネコの目線?
主人公の顔が画面から切れても、圧迫感も違和感も感じない自然なカット。
監督のセンスを感じるさりげないカットである。

・・・・・

上映終了後、司会者無しでトークショーが行われた。
舞台上の椅子は3つ。
左から放送作家の鈴木おさむさん、田中圭さん、荻上直子監督。

初日舞台挨拶の時とは違い、
関係者以外の一般の観客による写真・動画の撮影は禁止だった。
でもこれが一般的な規則である。

司会者はいなかったが、鈴木おさむさんを中心にトークが進められた。

かなり楽しく、映画の製作上の裏の話も聞けたりと、
有意義に時間を過ごすことができた。

初日舞台挨拶の時は、
「山田真歩さん演じるレンタカー屋の女性の喋りは、
 エレベーターガールのイメージ。
 どこに向かって喋っているのか分からないけど、
 誰かに向かってよどみなく喋る感じ」
という監督の話など、いろいろなことを聞くことができたが、
今回印象的だった話は以下の通り。

鈴木:荻上監督の作品は全部観ている。今回は困っている人に手を貸すヒーローもの。
   ネコのレンタルというユニークな発想はどこから?
荻上:私は多摩川沿いに住んでいる。
   ブルーシートのおじさま達がたくさんいるが、ネコをたくさん飼っている人がいる。
   そのネコをレンタルしたら面白いんではないかと考えた。
   そのおじさまを美しい実日子ちゃんに変えてみた。

鈴木:田中圭君の物語だけが浮いた感じ。他の物語とは違う印象。つかめない感じ。
   圭君はかなりフワフワしている。実は圭君は死んでいるのでは?
荻上:それは新しい解釈。でも死んではいない。
   捕まるのを恐れて、ふわっといなくなる感じを出した。

このような、他の人の新しい解釈は「なるほど!」と思うこともあり、
聞いていてとても楽しい。

また、田中圭さんが持っていたヨーヨーの演出については・・・、
荻上:私が好きなジム・ジャームッシュ監督の映画に出てくる大好きな男の子がヨーヨーを持っていた。
   その男の子のイメージ。

ジム・ジャームッシュ監督作品でヨーヨーを持った青年といえば、
「パーマネント・バケーション」のことだと思う。
日本では中学時代に公開された懐かしい映画である。

pvacation.jpg

こんな感じで15分程度のトークショーが終了。

今回2回目の鑑賞時には、エレベーターガールの話を思い出しながら、
山田真歩さんのセリフの言い方や表情、目線を観察してみた。
それによって更に映画の理解が深まった。

もしも3回目を鑑賞することがあれば、この日聞いたことを思い出しながら
また映画の理解に役立てていきたい。

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ランキング参加中
ランキング参加中です。一日一回ぷちっと押してね矢印
プロフィール

みっきぃパパ

Author:みっきぃパパ
家族:みっきぃママ、みっきぃ(長男)、娘(長女)
職業:外資系エンジニア
年齢:アラフォー
キーワード:旅行、ゴルフ、映画、ラーメン、ミスチル、シンディ・ローパー

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
のんびり♪みっきぃライフ
bnr_mickeylife.jpg
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
みっきぃパパへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文: