FC2ブログ

フランス映画「キリマンジャロの雪」

6月9日(土)に岩波ホールで公開になったフランス映画「キリマンジャロの雪」、
公開初日の2回目の上映回にて観賞

雨天の中、さすがに公開初日ということもあってか、ほぼ満席になる盛況ぶり。
客層は、50代以上が8割以上という感じで、若干女性客の方が多かったかな。

kilimanjaro1.jpg

ヴィクトル・ユゴーの詩「哀れな人々」に着想を得たという作品。

南フランス・マルセイユの温かい日差し、キラキラと光る水面、美しい街並み・・・。
そんな風景を背景に繰り広げられる温かい家族の物語・・・、感動しました

職を失った上に思わぬ犯罪に巻き込まれてしまう家族。
そんな困難な状況下に置かれながらも他人を思いやる、
人の心の奥にある本当の優しさを感じ取ることができた。

素晴らしい

監督:ロベール・ゲディギャンさん
脚本:ジャン=ルイ・ミレシさん 、ロベール・ゲディギャンさん
出演:アリアンヌ・アスカリッドさん(マリ=クレール)、ジャン=ピエール・ダルッサンさん(ミシェル)、
   ジェラール・メイランさん(ラウル)、マリリン・カントさん(ドゥニーズ)、
   グレゴワール・ルプランス=ランゲさん(クリストフ)他

ストーリー・・・

 南フランスの港町マルセイユ。
 ある会社の組合長のミシェルは、会社の人員削減の対象者をクジで決めることにし、
 クジの結果を読み上げている。
 そこで、ミシェルは自分の名前を読み上げる。
 組合長の権限で自分の名前をクジから外すことができたにも関わらず自分も含めてしまったのである。

 妻のマリ=クレールは、そんな夫を誇りに思っていた。

 ミシェルとマリ=クレールは、結婚30周年を迎える。
 息子夫妻や娘夫妻は、ミシェルとマリ=クレールの結婚30周年のお祝いに、
 アフリカ・タンザニアのキリマンジャロへの旅行をプレゼントする。

 そんなある日、マスクをした強盗に押し入られ、
 旅行チケット、現金、カードが奪われてしまう。

 後日、その犯人の一人が判明する。それは意外な人物であった・・・。
 そしてその犯人が抱えていたものとは・・・。

ストーリーの面白さと、その上品さが良い。
監督の「優しさ」も感じる。
思わず笑ってしまうユーモアも散りばめられていて、上映後に爽快感が残る。

映画の終わりの字幕・・・、
「ヴィクトル・ユゴーの詩「哀れな人々」に着想を得た」
も印象的。

この作品は、フィルム撮影されたとのこと。
そして、フランスのオリジナルフィルムに字幕を入れたそうである。
作品を提供する側の「フィルム映像の深い世界」を、観客としてしっかりと受け取ることができた。

映画「キリマンジャロの雪」、お勧め作品です
この作品は特に、DVDではなく劇場での観賞をお勧めします!

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ランキング参加中
ランキング参加中です。一日一回ぷちっと押してね矢印
プロフィール

みっきぃパパ

Author:みっきぃパパ
家族:みっきぃママ、みっきぃ(長男)、娘(長女)
職業:外資系エンジニア
年齢:アラフォー
キーワード:旅行、ゴルフ、映画、ラーメン、ミスチル、シンディ・ローパー

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
のんびり♪みっきぃライフ
bnr_mickeylife.jpg
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
みっきぃパパへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文: