FC2ブログ

札幌・小樽の旅(6) 石原裕次郎記念館

札幌・小樽旅行記、第6話。

小樽ビールを楽しんだ後、「北のウォール街」と言われている通りを散策♪

hokkaido054.jpg

明治から大正にかけて建てられた金融関係の荘厳な建物が保存されている地区。

hokkaido056.jpg

これらの建物は現在はレストランなどに利用されていたりする。

日銀小樽支店は工事中で残念ながら見られなかった・・・

hokkaido055.jpg

このエリアを歩いていて、
似たような街並みが保存されている韓国の仁川(インチョン)を思い出した。

・・・・・

そして、こんなガラス製品店を見て歩き・・・、

hokkaido057.jpg

堺町を散策♪

ここは海鮮焼きや海鮮丼などの魚介類を扱った店が多い。

hokkaido058.jpg

そしてメルヘン交差点へ。

hokkaido059.jpg

ここから海沿いの道へ出て、真っ直ぐ「石原裕次郎記念館」へ向かう。

いやー、歩いた歩いた・・・

hokkaido062.jpg

で、出発前から「石原裕次郎記念館」の存在は知っていたが、行くかどうかは分からなかった。

石原裕次郎さんといえば、我々の世代は「太陽にほえろ」のボス役だったり、
亡くなった後にヒットした「北の旅人」とか、リアルタイムに知っているのは晩年の姿。

でも「恋の街札幌」とか「ブランデーグラス」とか「嵐を呼ぶ男」とかは、
リアルタイムではないけれど、よく知っている。

hokkaido061.jpg

そんな感じだったので、どうしようかと思っていたが、
やはり小樽駅に着いた時にホームでいきなり流れて来た「恋の街札幌」に強く影響されて、
結局「石原裕次郎記念館」に行くことに決めてしまった。

でも、行って良かった

入場料1500円と、なかなかの値段であるが、
これだけの展示の充実ぶりからすると、1500円も納得。

入場後すぐに見せられる7分間の映像がまず印象的。
次に映画「黒部の太陽」関連の展示。
この映画は観たことがないし、存在を知らなかった。

ここまででかなりのインパクトであったが、
その後も続々と、映画、歌の関連展示が続く。
数々の賞のトロフィーも大量に展示。

石原裕次郎さんが描いた絵画や、作成した船の模型なども印象的だった。
いくつかの絵画は他へ貸し出し中だった。

2階部分は、趣味のヨット関連の展示や、実際に所有していた高級車の展示。

本物の免許証や優良ドライバーのSDカード、そしてパスポートの展示には驚いた。

そして、自宅のリビングのソファー、結婚式の衣装、普段着やYシャツやネクタイの展示・・・。

こんな感じで、「石原裕次郎記念館」行って良かったとしみじみ思ふ

hokkaido060.jpg

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【札幌・小樽の旅(6) 石原裕次郎記念館】

札幌・小樽旅行記、第6話。小樽ビールを楽しんだ後、「北のウォール街」と言われている通りを散策♪明治から大正にかけて建てられた金融関係の荘厳な建物が保存されている地区。これらの建物は現在はレストランなどに利用されていたりする。日銀小樽支店は工事中で残念な...

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング参加中
ランキング参加中です。一日一回ぷちっと押してね矢印
プロフィール

みっきぃパパ

Author:みっきぃパパ
家族:みっきぃママ、みっきぃ(長男)、娘(長女)
職業:外資系エンジニア
年齢:アラフォー
キーワード:旅行、ゴルフ、映画、ラーメン、ミスチル、シンディ・ローパー

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
のんびり♪みっきぃライフ
bnr_mickeylife.jpg
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
みっきぃパパへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文: