FC2ブログ

サラエボ⇔ベオグラード間の直通列車、17年ぶり再開

昨日はとても嬉しいニュースが飛び込んできました!!

ボスニアの首都サラエボとセルビアの首都ベオグラードを結ぶ直通列車が、
17年ぶりに運行を再開したというニュース。

17年前、1992年はボスニア内戦が勃発した年。

内戦が始まってからは、全ての国際列車が運行を休止し、
しばらくはベオグラードとサラエボ(セルビア人共和国側)とを結ぶ国際バスと
クロアチアの首都ザグレブとサラエボ(クロアチア人共和国側)とを結ぶ国際バスなどしかありませんでした。

内戦終結後は、オーストリアのウィーンやドイツのハンブルクからの国際バスも乗り入れるようになり、
徐々に復興の道を歩んできてはいましたが、
鉄道の復興はまだまだという状況が長く続きました。

昨年あたり、ハンガリーのブダペストとの国際列車が運行再開というニュースを聞きましたが、
ここへきてサラエボ=ベオグラード間が復活となると、
相当復興が進んでいるということが想像できます。

みっきぃパパは、サラエボには2回、
1998年と2002年に訪れています。

1998年にボスニアへ行った時の話は過去のブログでお読みください。

1998年当時は鉄道は国内線のみの運行でした。

sarajevo1998.jpg

2回目のサラエボは2002年にみっきぃママと。

4年経って、ずいぶんと建物、路面電車などの復旧が進み、
観光客の姿も多く見られるようになっていましたが、
それでもこのような光景が残る厳しい状況でした。

sarajevo2002.jpg

さらに7年が経ち、街並みも美しくよみがえったことを願わずにはいられません。

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング参加中
ランキング参加中です。一日一回ぷちっと押してね矢印
プロフィール

みっきぃパパ

Author:みっきぃパパ
家族:みっきぃママ、みっきぃ(長男)、娘(長女)
職業:外資系エンジニア
年齢:アラフォー
キーワード:旅行、ゴルフ、映画、ラーメン、ミスチル、シンディ・ローパー

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
のんびり♪みっきぃライフ
bnr_mickeylife.jpg
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
みっきぃパパへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文: