FC2ブログ

映画「おとうと」初日舞台挨拶

今日、山田洋次監督の最新作「おとうと」を観てきました

otouto5.jpg

とても素晴らしい映画でした

otouto2.jpg

有楽町マリオン9Fの丸の内ピカデリー、9時40分の初日舞台挨拶付き上映回。
さすがに満席でした

otouto4.jpg

出演は、吉永小百合さん、笑福亭鶴瓶さん、蒼井優さん、加瀬亮さん、小林稔侍さん、石田ゆり子さんなど。

山田洋次監督の前作は同じく吉永小百合さんが主演した2008年1月公開の映画「母べえ」でした。
「母べえ」を観たのは前々回アメリカへ出張した時にJAL機内で。
不覚にもぼろぼろ泣いてしまい、そのタイミングで税関の書類を乗務員が配りに来て、
恥ずかしかった思ひ出が・・・

その「母べえ」から2年振りの山田・吉永コンビの最新作ということで、
「おとうと」は大いに期待して観に行ったのでした

映画のチラシやポスターの4人の俳優の顔ぶれで、吉永小百合さん、蒼井優さん、加瀬亮さんの3人は
いつも期待している俳優さんたちで、この3人プラス山田監督という豪華さが、
観に行こうと決めていた大きな理由の一つなのでした。

otouto1.jpg

期待以上の作品でした

東京郊外のある商店街にある小さな薬局を経営する吟子(吉永小百合さん)と一人娘の小春(蒼井優さん)。
吟子には問題ばかり起こし親戚からつまはじきになっている弟の鉄郎(笑福亭鶴瓶さん)がいる。
大阪にいるはずだが、音信不通状態。
そして、小春は医者と結婚をすることに。
その結婚披露宴に突然現れた鉄郎は、酔って暴れ披露宴を台無しにしてしまう。
酷く親族から叱られた鉄郎だったが、その後の出来事も重なり、
唯一かばってくれていた吟子からも絶縁を言い渡されてしまう。
鉄郎は大阪に帰り、そのまま再び音信普通となってしまう。
そして・・・。

というストーリー。

「今度は愛妻家」の舞台挨拶で、行定勲監督は、
「最近の映画は観客と映画の距離が離れてきている感じがする。
 この映画では、観客が自分を登場人物に重ねて観ることのできる映画にした」
と話していたが、
この「おとうと」は、まさに観客が自分を登場人物に重ねて観ることのできる映画である。

この映画で最も印象に残ったシーンはラストシーンの吉永小百合さんの背中。
これから観る人のためにどんな状況での「背中」なのかは書かないが、
最も重く、最も心に響くシーンである。

実は、上映後の舞台挨拶で加瀬亮さんが、
この「背中」のシーンを「一番印象深いシーン」と語っていた。
多くの観客にとっても脳裏に焼きつくシーンだったのでは。

ストーリー展開としても、誰もが涙するシーンが登場した後に、
更にタイプの違う涙を誘うシーンが登場するなど、単純そうで単純でない家族の物語を素晴らしい視点でまとめあげている。
そして、吉永小百合さんの背中に集約されていく・・・。

吉永小百合さんの演技力は今更言うまでもない。
先日TVのインタビューで、
「私に弟はいない。役作りのため鶴瓶さんの子供の頃からの写真をお借りした」
と語っていたのを覚えている。
プロの俳優さんの役作りというのには本当に驚かされる。

笑福亭鶴瓶さんの演技も素晴らしかった。
普段のお笑いのイメージが表に出てしまうことなく、ぴったり役にはまっていた。
鶴瓶さんの卓越した演技力に加え、山田監督の腕が「鉄郎」を作りあげていたのであろう。

蒼井優さんは、映画「花とアリス」の演技を見て素晴らしいと思っていたが、
「おとうと」で更に演技に厚みが出てきた。
これからがもっと楽しみな俳優さんである。

加瀬亮さんは、映画「プール」、「めがね」で小林聡美さんやもたいまさこさんと共演し、
かなりいい味を出していたことから注目するようになった俳優さんだが、
蒼井優さんと同じく、この「おとうと」でその魅力をアップさせている。
加瀬さんも今後の活躍を期待したい。

拍手が起こる中、12時前に上映終了。
その後初日舞台挨拶。

登壇者は、山田洋次監督、小林稔侍さん、石田ゆり子さん、蒼井優さん、加瀬亮さん、吉永小百合さん、笑福亭鶴瓶さん。
今まで観てきた初日舞台挨拶の中で、一番マスコミ関係者が多く、盛大に行われた感がある舞台挨拶であった。

この映画では、介護ホスピスが出てくるが、舞台挨拶で山田監督が
「老人の孤独死、現在自殺者が年間3万人以上という問題」などを取りあげていたのが印象的。
映画に出てくる介護ホスピスは、実際の施設をモデルにしているが、
今までそのような施設の存在を知らなかった。

映画って、エンターテイメントの一つであるが、いろいろな勉強にもなる素晴らしい媒体であると思う。

舞台挨拶での蒼井優さんの
「山田組・・・山田学校って呼んでいますが、とてもいい勉強になった」
という話や、

石田ゆり子さんの
「この歳になると、叱ってくれる人もいなく、これでいいのかな~って済ませてしまうことが多いが、
 山田学校では、山田監督にバシっと叱ってもらえたりした」
という話はとても印象深かった。

「おとうと」はベルリン映画祭のクロージング作品に選ばれ、
それに山田監督のベルリン映画祭特別功労賞受賞が決定。

素晴らしいニュースが連続しているが、それに関連して吉永小百合さん、
「前作「母べえ」では賞がもらえず、がっかりして山田監督と一緒に帰ってきたが、
 今回は監督を胴上げしたいくらい」
ととても喜んで話されていた。

映画観賞後、銀座をブラブラしていると、こんな人達が↓

otouto3.jpg

このうちわは舞台挨拶時に舞台の上にあったもの♪

「おとうと」、お勧め映画です。
今年はいろいろな映画賞を受賞しそうな、そんな映画です

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング参加中
ランキング参加中です。一日一回ぷちっと押してね矢印
プロフィール

みっきぃパパ

Author:みっきぃパパ
家族:みっきぃママ、みっきぃ(長男)、娘(長女)
職業:外資系エンジニア
年齢:アラフォー
キーワード:旅行、ゴルフ、映画、ラーメン、ミスチル、シンディ・ローパー

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
のんびり♪みっきぃライフ
bnr_mickeylife.jpg
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
みっきぃパパへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文: