リヴァー・フェニックス主演映画「マイ・プライベート・アイダホ」

現在、渋谷ユーロスペースでは、
リヴァー・フェニックス未完の遺作「ダーク・ブラッド」世界初劇場公開記念として、
リヴァー・フェニックス出演2作品を上映している。

第1弾は、1993年の作品「アメリカンレガシー」
そして第2弾は、1991年の作品「マイ・プライベート・アイダホ」。

myownprivateidaho.jpg

第48回(1991年)ヴェネツィア国際映画祭にて、リヴァー・フェニックスが男優賞を獲得した作品。
リヴァー・フェニックスとキアヌ・リーブスが共演したことでも話題になった。

日本での劇場公開は1991年7月20日。

監督は「永遠の僕たち」などのガス・ヴァン・サント。

chirashi-eiennobokutachi.jpg

監督、脚本:ガス・ヴァン・サント
音楽:ビル・スタッフォード
出演:リヴァー・フェニックス、キアヌ・リーブス他
製作年:1991年
製作国:アメリカ
上映時間:105分

ストーリー・・・

 ストレスを受けると発作を起こし深い眠りについてしまう難病ナルコプレシー
 を抱えた青年マイク(リヴァー・フェニックス)はポートランドの街角で男娼として生きている。

 マイクの友人スコット(キアヌ・リーブス)はポートランド市長である父親への反抗から、
 やはり男娼として生きている。
 
 ある日、2人はマイクを捨てた母親を捜すことを決め、
 マイクの兄リチャードが暮らす故郷アイダホを目指し旅に出る・・・。

いろいろな問題を抱えた若者達のロードムービー。

何度も繰り返し登場するアイダホの荒野の一本道が印象深い。

荒野の一本道、ポートランドの街角の風景、中華料理店・・・と、
それぞれ繰り返し登場するが、趣の異なるそれぞれの風景が一つのテイストに染まり、
映画全体に統一感を与えている作りが素晴らしい。

さらにはイタリアのローマのシーンも同様に統一感を乱していない。

また、静止画をスライド式に順番に映し出し、かえって躍動感を与えるユニークな手法も興味深い。

映画の中で2度登場する波打ち際で魚が飛び跳ねるシーン。
もがきながら現状から抜け出そうとしている若者達の心情を表現しているのだろうか・・・。

「ダーク・ブラッド」世界初公開記念としてリバイバル上映されている
「マイ・プライベート・アイダホ」。
渋谷ユーロスペースでの上映は5月30日で終了となるが、その後は全国で順次公開予定。

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ランキング参加中
ランキング参加中です。一日一回ぷちっと押してね矢印
プロフィール

みっきぃパパ

Author:みっきぃパパ
家族:みっきぃママ、みっきぃ(長男)、娘(長女)
職業:外資系エンジニア
年齢:アラフォー
キーワード:旅行、ゴルフ、映画、ラーメン、ミスチル、シンディ・ローパー

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
のんびり♪みっきぃライフ
bnr_mickeylife.jpg
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
みっきぃパパへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文: