角川映画祭、澤井信一郎監督作品「早春物語」

角川シネマ新宿などで開催中の角川映画祭。

澤井信一郎監督の秀作「Wの悲劇」に続いて鑑賞したのは、
同じく澤井監督作品「早春物語」。

soushunmonogatari01.jpg

最初の劇場公開は、1985年9月14日。

今改めて観ると、非常によくできた素晴らしい作品

1985年のキネマ旬報ベストテン・日本映画で、第9位に入るなど、
評論家からも高い評価を受けた作品である。

前年の1984年のキネマ旬報ベストテン・日本映画では、
「Wの悲劇」が第2位に入っている。

さりげなく印象的なカットは、歩道橋のカット。
「Wの悲劇」では、三田村邦彦さんが左に曲がりながら駆け下りてくる歩道橋。
「早春物語」では、ほぼ同じアングルのカットで、
原田知世さんが左に曲がりながら降りてくる。
やはり澤井監督作品だと思わせてくれる。

成田空港でのラストシーン。
原田知世さんが足早に歩くところを細切れの短いカットを繋ぎ合わせて編集しているシーン、
澤井監督のセンスを感じる。

「早春物語」の効果的な音楽も印象深い。
春先のまだ肌寒さを感じさせる湘南の青い海の空撮のカットと、
物悲しく感じるオープニングの音楽。
よくマッチしている。

「Wの悲劇」のオープニングの暗いホテル室内のカットと、
やはり物悲しく感じる音楽との効果的な演出にも通じる部分を感じる。

監督=澤井信一郎だけでなく、
撮影=仙元誠三、編集=西東清明、音楽=久石譲など、
スタッフが「早春物語」と「Wの悲劇」とでかぶっているということもあると思う。

両作品とも、オープニングから比較的一貫した流れと空気感があるが、
それでいて単調とは言えなく、個性的である。

主演の原田知世さんにとってはこれが4作目となるが、
1作目の「時をかける少女」と比べると、各段に女優としての成長を感じる。

映画「早春物語」・・・

 監督: 澤井信一郎
 脚本: 那須真知子
 原作: 赤川次郎
 製作: 角川春樹、市村一三
 撮影: 仙元誠三
 編集: 西東清明
 音楽: 久石譲、石川光
 主題歌: 原田知世「早春物語」
 出演: 原田知世(沖野瞳)、田中邦衛(沖野修三)、林隆三(梶川真二)、
     由紀さおり(大宅敬子)、仙道敦子(牧麻子)他
 製作国: 日本
 言語: 日本語
 製作年: 1985年
 上映時間: 96分

「早春物語」は、主人公は女子高校生ではあるが、大人が観るべき秀作である。

soushunmonogatari02.jpg

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ランキング参加中
ランキング参加中です。一日一回ぷちっと押してね矢印
プロフィール

みっきぃパパ

Author:みっきぃパパ
家族:みっきぃママ、みっきぃ(長男)、娘(長女)
職業:外資系エンジニア
年齢:アラフォー
キーワード:旅行、ゴルフ、映画、ラーメン、ミスチル、シンディ・ローパー

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
のんびり♪みっきぃライフ
bnr_mickeylife.jpg
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
みっきぃパパへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文: