FC2ブログ

第23回東京国際映画祭アジアの風、パレスチナ映画「ハイファ」

第23回東京国際映画祭、
アジアの風(ディスカバー亜州電影 生誕100年記念~KUROSAWA魂 in アジア中東)部門で
上映のパレスチナ=独=蘭合作映画「ハイファ」。

映画祭最終日の10月31日、当日券を購入しシネマート六本木にて観賞

tiff2010050.jpg

シネマート六本木、スクリーン4にて。
11:00から12:15までの上映。

tiff2010051.jpg

アジアの風(ディスカバー亜州電影 生誕100年記念~KUROSAWA魂 in アジア中東)部門とは、
黒澤明監督生誕100年を記念して、黒澤作品に影響を受けたという4作品を上映するというもの。

映画祭での「ハイファ」のコピーは、
  パレスチナ難民キャンプの『どですかでん』。

「どですかでん」は、1970年に公開された黒澤明監督作品。

映画「ハイファ」・・・

 監督、脚本、製作:ラシード・マシャラーウィ
 出演:モハメド・バクリ、アハマド・アブー・サッルーム他
 製作国:パレスチナ、ドイツ、オランダ
 製作年:1996年

「ハイファ」製作の際、モハメド・バクリさんとマシャラーウィ監督は、
「どですかでん」を繰り返し観て参考にしたとのこと。

ストーリー・・・

 舞台は1993年、中東ガザ地区のパレスチナ人難民キャンプ。
 いつも陽気な中年男ハイファは、「ヤッファ、ハイファ、アッカ!」と叫びながら街を練り歩く。
 ヤッファ、ハイファ、アッカ・・・いずれも今はイスラエル領となった街の名前である。
 ハイファは故郷を追われ精神に異常をきたしていたのだった。
 
 一方、綿菓子の屋台を営むアブー。
 長男サイードは政治思想的な問題から服役中である。
 妻は釈放が近付いた長男の結婚相手を探そうと必死である。
 そんなある日、アブーが突然倒れ自宅に運ばれてくる。
 一命はとりとめたものの、後遺症が残り車椅子生活に。
 
 そして、1993年8月20日、オスロ合意。
 この大きなうねりの中、難民キャンプに暮らす人々、そしてハイファは・・・。

こんな感じ。

75分という短い作品。
非常に良かった

上映終了後には拍手が起こる

ノイズが凄かったが、逆に雰囲気を出している。

ハイファの顔から始まりハイファの顔で終わるこの作品。
役者さんの表情の演技とカメラワーク、そしてカットの絶妙な長さが相乗効果を生み、
ハイファの明るさの影に隠れた憂い、寂しさ、そして哀しみを強く観客に訴え掛けている。

パレスチナの作品は初めてみたが、
風景、文化、人・・・普段見慣れないパレスチナ人の社会を垣間見ることができて、
非常に満足

世界には良い作品がいくらでもあるものだと、あらためて新鮮な驚き。

つづく

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 映画祭
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング参加中
ランキング参加中です。一日一回ぷちっと押してね矢印
プロフィール

みっきぃパパ

Author:みっきぃパパ
家族:みっきぃママ、みっきぃ(長男)、娘(長女)
職業:外資系エンジニア
年齢:アラフォー
キーワード:旅行、ゴルフ、映画、ラーメン、ミスチル、シンディ・ローパー

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
のんびり♪みっきぃライフ
bnr_mickeylife.jpg
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
みっきぃパパへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文: