FC2ブログ
2010-12-30(Thu)

映画「海炭市叙景」2回目観賞

10月に東京国際映画祭・コンペティションで観賞した映画「海炭市叙景」。

chirashi-kaitanshijokei.jpg

12月18日(土)から全国でロードショー公開が始まり、
みっきぃパパも12月29日(水)に渋谷のユーロスペースに観に行く

kaitanshijokeishibuya.jpg

何度観ても良い作品である

東京国際映画祭では惜しくも受賞を逃したが、
12月にフィリピンで開催された第12回シネマニラ国際映画祭では、
見事グランプリを受賞

さらに、最優秀俳優賞(アンサンブル・キャスト)も受賞
対象はアンサンブル・キャストということで、全てのキャストが受賞したということ。

東京国際映画祭で観た時に書いたブログで、
「メインキャスト以外は皆現地の人」と書いた
ように、
この作品に登場する多くの人物が素人である。
それがシネマニラ国際映画祭でアンサンブル・キャストで最優秀俳優賞を受賞したというのは、
驚きであるとともに、この映画のファンとしてはたいへん嬉しいニュースである。

原作は、佐藤泰志さんの18の短篇からなる小説「海炭市叙景」。
佐藤泰志さんは芥川賞はじめ数々の文学賞の候補となり、
村上春樹さんらと並ぶ程の人物だったが、賞には恵まれず、
1990年10月に41歳の若さで自ら命を断った不遇の小説家だったそうだ。

小説「海炭市叙景」は、佐藤泰志さんの遺作である。
函館をベースにした「海炭市(かいたんし)」という架空の街を舞台にした18の短篇からなる。
その内の5つの短篇が映画「海炭市叙景」として製作された。

各々が年末から年明けあたりにかけての物語で、
相互に関連しあったクロスオーバーするつくりとなっている。
今年ももうあと3日という12月29日に観たことで、
更に心に響いてくるものがあった。

ストーリーなど、詳しいことは前回のブログにて
http://mickeypapa.blog62.fc2.com/blog-entry-502.html

映画の終わりに近づいた頃、大晦日の夜の路面電車の客の中に、
第4話「裂けた爪」の晴夫(加瀬亮さん)と息子のアキラ(小山燿さん)の姿が見られる。
さらに第3話「黒い森」の隆三(小林薫さん)と妻の春代(南果歩さん)も乗っている。
皆、やっと「家」に帰るところなのであろうか?
・・・印象深く、芸術的な香りの漂うシーンである。

その路線電車の前を横切ったのが、第1話「まだ若い廃墟」の颯太(竹原ピストルさん)と
妹の帆波(谷村美月さん)である。
「家に帰ろうとする人」と「違う世界へ行こうとする人」とがクロスする瞬間・・・。

そして第5話「裸足」の博(三浦誠己さん)がフェリーで北海道を立つシーンも印象的。
フェリーのデッキに立ち離れていく北海道の陸地を眺める博の背中は多くを語っている。
故郷の北海道から現在住んでいる東京へ帰る博は、本当に「家に帰る」のであろうか?
心はまだ故郷にあるのではないか?もしくはもっと別の場所にあるのか?

この作品にはいろいろな人物が登場するが、
全ての人物に自分の内面の部分的なものを各々に重ねることができる。
人物描写がきめ細かくて美しい。

登場人物は皆一様に何か中途半端なやるせなさや苛立ちを心に抱えている。
全般に緊張感を観客に与えるが、
作品の最後に第2話「ネコを抱いた婆さん」のトキ(中里あきさん)が登場し、
トキが猫をなでるシーンが出て来る。
ホッとするシーンの一つである。
猫をなでる手の動きがとても心地良い。

5つの短編がクロスオーバーする作りは脚本のテクニックによる。
そのテクニックで観客を混乱させることもない。
しかし、余計な説明はなく、すっきりしている。

また、東京国際映画祭の上映時のQ&Aで以下の様なやりとりがあった。

Q:(観客)
 いろいろなストーリーがクロスオーバーしているが、
 老婆の物語「ネコを抱いた婆さん」だけが他のストーリーとの繋がりが薄い。その意図は?
A:(熊切監督)
 そんなつもりはない。

今回2度目の観賞なので、ここの部分にも注意して観てみたが、
やはり「ネコを抱いた婆さん」だけが他と繋がりが薄いという感じはなかった。
そもそも5話全てを同等の重さとして同じように他と関連させることがこの作品の趣旨とは思わない。
非常にバランスの取れた心地良いクロスオーバーだと思う。

・・・・・

12月29日(水)の10:30の上映回。
145席の劇場に50人以上は入っていたかな?
年末とはいえ、平日の午前中である。かなり大盛況と言える。
「海炭市叙景」の評判の良さを感じる。

映画「海炭市叙景」、今年有数のお勧め日本映画です!!

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
ランキング参加中
ランキング参加中です。一日一回ぷちっと押してね矢印
プロフィール

みっきぃパパ

Author:みっきぃパパ
家族:みっきぃママ、みっきぃ(長男)、娘(長女)
職業:外資系エンジニア
年齢:アラフォー
キーワード:旅行、ゴルフ、映画、ラーメン、ミスチル、シンディ・ローパー、米津玄師

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
のんびり♪みっきぃライフ
bnr_mickeylife.jpg
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
みっきぃパパへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文: