FC2ブログ

カトリーヌ・ドヌーヴ主演のフランス映画「しあわせの雨傘」

1月8日(土)に公開になったフランス映画「しあわせの雨傘」。
新宿ピカデリーにて、先週土曜日の14時40分の上映回にて鑑賞

amagasa1.jpg

原題は「Potiche(=飾りつぼ)」。

公開されてから3週目の週末を迎えたが、
大人気の様で、なんとこの回はチケット完売

観客の年齢層は全般に高め。
70代位の観客もかなり多かった印象。
性別は女性の方が多かったかな。

「シェルブールの雨傘」(1963年)などで有名な
往年の大女優カトリーヌ・ドヌーヴさんの影響かもしれない。

フランソワ・オゾン監督作品。

昨年10月の東京国際映画祭で、特別招待作品として上映された作品で、
主演のカトリーヌ・ドヌーヴさんも六本木のグリーンカーペットに登場したりしていました。

観終わって、爽快感の残る映画
楽しくて、優しくて、女性の強さを感じさせるストーリー。

ストーリー・・・。

 舞台は1977年。
 雨傘工場の経営者の娘として生まれたスザンヌ(カトリーヌ・ドヌーヴさん)は、
 現在はブルジョワ主婦として優雅な日々を過ごしている。
 既にスザンヌの父は他界し、スザンヌの夫ロベールが雨傘向上を経営している。

 スザンヌは刺繍や詩を趣味にして優雅に過ごしながらも、
 単なる「飾りつぼ」としての日々に不満も募らせていた。

 工場を引き継ぐ気のない芸術家志望の長男や、家庭の問題を抱えた長女など悩みも絶えない。

 ある日、工場では給与などの待遇を不服とした従業員がストライキを起こす。
 更に経営者ロベールが突然心臓発作で入院。

 市長のババンのアドバイスにより、
 ロベールが退院するまでの間、スザンヌが臨時の雨傘工場経営者の職に就くことに。
 長男も長女も母スザンヌの元で働くことになり、それぞれが才能を発揮。
 スザンヌの思いがけない能力により、工場の経営は見事回復する。
 工場経営はスザンヌの新しい生き甲斐となった。
 「飾りつぼ」から華麗に花開いたスザンヌ。

 そんな時、夫ロベールが退院し、工場に戻ってくる・・・。

上映が終わって、観客の口から「面白かった」「いい映画だった」と感想が漏れる。

楽しみながら力まずに観賞することができた。
コメディタッチだが、軽過ぎない適度な重みのストーリーが心地良い♪

ストーリー展開も奇想天外とまではいえないレベルの唐突さが面白い

カトリーヌ・ドヌーヴさんがキッチンなどで口ずさむ歌も良い雰囲気を演出している。
他にもいろいろ音楽が出て来るが、どれも聞いてて楽しい気分になる♪
全般に音楽も非常に良い映画

映画の出だしのカトリーヌ・ドヌーヴさんがジョギングするシーン。
野生のシカやリスが出て来るが、癒されるシーンである。

舞台は70年代末であるが、その時代の雰囲気が良く表現されている思う。
70年代という微妙に古い時代設定が、
コメディタッチな適度な軽やかさを後押ししているようである。

「しあわせの雨傘」、特に女性にお勧めの映画です!

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング参加中
ランキング参加中です。一日一回ぷちっと押してね矢印
プロフィール

みっきぃパパ

Author:みっきぃパパ
家族:みっきぃママ、みっきぃ(長男)、娘(長女)
職業:外資系エンジニア
年齢:アラフォー
キーワード:旅行、ゴルフ、映画、ラーメン、ミスチル、シンディ・ローパー

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
のんびり♪みっきぃライフ
bnr_mickeylife.jpg
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
みっきぃパパへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文: