FC2ブログ
2011-06-13(Mon)

是枝裕和監督最新作「奇跡」初日舞台挨拶

6月11日(土)に全国で公開になった是枝裕和監督の最新作「奇跡」。
(九州は6月4日に先行公開)

chirashi-kiseki1.jpgchirashi-kiseki2.jpg
chirashi-kiseki3.jpgchirashi-kiseki4.jpg

渋谷シネマライズで、初日舞台挨拶付き上映回にて鑑賞

kiseki.jpg

是枝監督の前作は、秀作「空気人形」
非常に高い評価を受けた作品で、切なくて美しい作品だった。
みっきぃパパの好きな作品の内の一つである。

chirashi-kuukiningyo.jpg

今回「奇跡」を観ようと思ったのは、是枝監督の最新作だからという理由から。

また、是枝監督といえば、第57回(2004年)カンヌ国際映画祭で、
柳楽優弥さんが最優秀主演男優賞に輝いた「誰も知らない」で有名。

今回の作品も、「子供」に視点を向け、
元気いっぱいの子供たちから大人も元気をもらえる素敵な物語である。

元気な兄弟を演じるのは、まえだまえだの2人。

両親はオダギリジョーさんと大塚寧々さん。

大塚寧々さんの母親役に樹木希林さん。

離婚した両親にそれぞれ付いて、
鹿児島と福岡に離れ離れに暮らす小学校6年生と4年生の兄弟。
父と次男は福岡に、母と長男は鹿児島に。

2011年3月12日に九州新幹線全線開通。

開業日の朝、福岡から鹿児島へ向かう一番列車と鹿児島から福岡へ向かう一番列車がすれ違う時、
「奇跡」が起こり、その時にした願い事が叶うという。

兄弟はそれぞれの友人を連れ、両新幹線がすれ違う熊本へ向かう。
子供達だけの冒険旅行である。

兄弟の願いは、いつかまた家族4人で暮らしたいということ。

・・・

屈託のない明るい兄弟の言動には笑わされることが多く、
楽しませてもらった。

兄妹を演じたまえだまえだの2人。
バラエティ番組などで目にすることがあるが、演技が上手で驚いた。

是枝監督は、子供達には敢えて台本を渡さず、自然な演技を引き出していったという。
この方法は「誰も知らない」と同じ。

福岡、鹿児島からそれぞれ子供達が熊本へ向かうストーリー、
当初は1986年のアメリカ映画「スタンド・バイ・ミー」のように、
子供達が線路を歩くイメージだったという。
しかし、新幹線は高架を走るため、構想を変えたとのこと。

また、九州新幹線の全線開業は東日本大震災が発生した翌日の3月12日のことだった。
この日、樹木希林さんは九州を訪れていたそうで、九州で震災発生を知ったという。
記念式典などが全て中止になり落胆する現地の様子を辛い思いで見ていたことを舞台挨拶でも語る。

映画上映前、11:01から11:16まで初日舞台挨拶。

登壇者は、
前田航基さん(まえだまえだ)、前田旺志郎さん(まえだまえだ)、大塚寧々さん、樹木希林さん、是枝監督。

この劇場で舞台挨拶を見るのは、昨年3月の「スイートリトルライズ」以来。

chirashi-sweetlittlelies.jpg

昨年3月の「スイートリトルライズ」の時もそうだったが、
今回も舞台が暗く、登壇者の顔が見えづらかった。

舞台挨拶最初の挨拶で、是枝監督:
 「去年の9月に撮影スタート。ようやく皆様の元へ届けられて嬉しい。
  遅い夏休みを皆で九州で過ごした思い出がある」

大塚寧々さん:
 「この映画では子供達がキラキラ輝いている。心温まる映画」

樹木希林さん:
 「九州新幹線が3月12日に開通。その前日3月11日には地震があった。
  地震の日の昼、羽田から九州に飛んだ。
  翌日に新幹線が開通ということで、現地は誠に可哀想な状態だった。
  町全体がお祭り状態だったものが、全て自粛になってしまった。

  その間、私も家庭でたいへんなことが起こった。

  今回の映画公開で、全てが終息すれば・・・。
  全てを乗り越えられる映画になっている」

「誰も知らない」がカンヌで男優賞を取ったが、子供を使うことについて、
是枝監督:
 「怒らない。自分が怒られるのが嫌だから。
  言われてやらされるのは子供は嫌がる。それが画に出てしまう。
  台本を渡さないシーンもあった。それで自然な演技を引き出した」

前田旺志郎さん:
 「台本があるとずっと緊張したまま。
  台本が無い方が撮影までの間楽しめる。
  
  オダギリジョーさんは凄いイケメンだった。
  ずっと本を読んでいて静かな人だと思ったが、話してみたら、よく話してくれる人だった」

それを受けて樹木希林さん:
 「九州の夏は暑かった・・・。

  オダギリジョーさんと大塚寧々さんからなんでこんな子供が・・・。
  どちらかというと、監督の子供かと」

と、笑いをとる。

最後に是枝監督:
 「スクリーンからはみ出る位、子供たちが元気いっぱいに飛びまわっている。
  観終わったら、子供たちからエネルギーを感じて欲しい」

上映前に行われ、15分間という短い舞台挨拶だったが、
エピソード盛りだくさんで、まとまりがあり、満足できる内容だった。

やはり樹木希林さんはとても味のある素晴らしい女優さん。
そして面白い。

世界で評価されている名監督の最新作「奇跡」、全国で公開中。

心温まるこの作品、興味のある方は劇場まで!

kiseki_banner3.jpg

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ランキング参加中
ランキング参加中です。一日一回ぷちっと押してね矢印
プロフィール

みっきぃパパ

Author:みっきぃパパ
家族:みっきぃママ、みっきぃ(長男)、娘(長女)
職業:外資系エンジニア
年齢:アラフォー
キーワード:旅行、ゴルフ、映画、ラーメン、ミスチル、シンディ・ローパー、米津玄師

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
のんびり♪みっきぃライフ
bnr_mickeylife.jpg
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
みっきぃパパへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文: