FC2ブログ

園子温監督作品「ヒミズ」初日舞台挨拶

1月14日(土)に公開となった日本映画「ヒミズ」、
新宿バルト9で、初日舞台挨拶付き上映回にて観て来ました

himizu.jpg

素晴らしい

映画「ヒミズ」は古谷実さん原作の漫画を映画化したものである。

今まで漫画が原作の映画で満足できるものはなかなか見つからなかったが、
これは非常によくできた作品だと思う。

園子温(そのしおん)さんが監督および脚本を手掛けている。

この作品は、撮影準備段階の時期に東日本大震災が発生し、急遽脚本を書き変え、
震災後の日本を舞台とした。

園子温監督といえば、
西島隆弘さん、満島ひかりさんが主演した2009年公開の映画「愛のむきだし」で、
第59回(2009年)ベルリン国際映画祭、国際批評家連盟賞、カリガリ映画賞を受賞するなど、
国際的にも高い評価を得ている監督である。

「ヒミズ」では、
主演の染谷将太さんと二階堂ふみさんが、第68回(2011年)ヴェネツィア国際映画祭で、
マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞)を受賞し、話題になったばかり。

ところで、「ヒミズ」とはモグラ科の動物の名前である。

監督、脚本:園子温さん
原作:古谷実さん
出演:染谷将太さん、二階堂ふみさん、光石研さん、渡辺真起子さん、西島隆弘さん、
   窪塚洋介さん、渡辺哲さん、でんでんさん、吹越満さん、神楽坂恵さん他

ストーリー・・・

 両親に恵まれない中学生・住田祐一(染谷将太さん)は、ただ普通に生きることが夢である。
 同じく親に恵まれない同級生の茶沢景子(二階堂ふみさん)は住田に思いを寄せている。
 
 3月11日の震災で全てを失い、住田の家の近くの仮住まいに暮らしている人々・・・。
 
 ヤクザに600万円の借金をした上に住田に暴力を振るう住田の父(光石研さん)と、
 男と家を出ていってしまった住田の母(渡辺真起子さん)。
 
 両親から愛情を注がれたことのない住田は、ある日衝動的にある事件を起こしてしまう。
 
 その出来事を境に住田は「普通に生きること」を諦め、自分の命を社会の為に使うことにする。
 
・・・・・

たいへん強烈なインパクトを与えてくれる作品だった。
終わった後の余韻がいつまでも抜けなかった。
全身が震えるシーンやセリフが多数。

津波による被害を受けた宮城県沿岸部の風景も繰り返し出て来る。

「生きる」とはどういうことなのか、「命」とはどういうものなのか、深く考えさせられた。

ヴェネツィアで新人賞を受賞した2人の演技がとても良かった。
特に二階堂ふみさんについては、2009年公開の映画「ガマの油」の時に比べ、
遥かに演技力が向上したと思う。
役者さんとしての成長、素晴らしい

chirashi-gamanoabura.jpg

映画「愛のむきだし」に主演したAAAの西島隆弘さんがストリートミュージシャン役で登場する。
1シーンのみの出演だが、「スープ・オペラ」に続き、高い演技力は健在である。

演技力と言えば、
「あぜ道のダンディ」等の光石研さん、、「ギリギリの女たち」等の渡辺真起子さんらの存在感は
相変わらず圧倒的である。

chirashi-soupopera.jpg chirashi-azemichinodandy.jpg

この作品には、暴力シーン、言葉による暴力のシーン、犯罪シーンなどが数多く出て来るが、
それらの刺激の強いシーンからも我々観客が何かをつかむことのできる強い説得力を与えてくれている。

カメラアングルも絶妙なカットの長さも個性にあふれた素晴らしい作品である。

最初から最後までピークが何度も訪れる。
完全に映画の世界にのみ込まれ、全く飽きることもなかった。
そして、余韻が残る・・・。

・・・・・

上映前に20分強の初日舞台挨拶が行われた。
上映前ということで、深い話はあまり聞けなかったのが残念だったが、
それでも舞台挨拶というものは監督や出演者のお話を間近に聞くことのできる貴重な機会である。

登壇者は左から、園子温監督、染谷将太さん、二階堂ふみさんの3名。

印象に残ったお話は以下の通り。

司会者:園子温監督にとっては、初の原作モノ。意識された点は?
監督:オリジナルの持っている魂に忠実にしたいと思った。
   セリフもなるべく原作通りに変えないでやっている。

司会者:初の園監督作品。驚いた所は?
染谷さん:とてつもなく自由な現場だった。自分のやりたいことをやらせてくれた。

司会者:2人はどういう俳優だった?
監督:もっと大きくもっと自由に素晴らしい芝居ができる俳優。日々成長していった。
   表現力の素晴らしい2人だった。

司会者:監督は最初、染谷さんに45点、二階堂さんに4点を付けた。公開初日を迎えた今の点数は?
監督:染谷さん65点、二階堂さん64点。これから役者として大きくなっていく時。
   まだピークではない。まだ天狗になる時ではない。だから100点ではなく、この点にした。

司会者:最後に。
監督:2人の採点は65点、64点としたが、映画の中の2人は満点で輝いている。

・・・・・

原作を読んだことはないが、これから読んでみたいと思う。

公開になったばかりの映画「ヒミズ」、是非劇場で!

みっきぃパパ

ランキング参加中です。ぷちっと押してね矢印
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング参加中
ランキング参加中です。一日一回ぷちっと押してね矢印
プロフィール

みっきぃパパ

Author:みっきぃパパ
家族:みっきぃママ、みっきぃ(長男)、娘(長女)
職業:外資系エンジニア
年齢:アラフォー
キーワード:旅行、ゴルフ、映画、ラーメン、ミスチル、シンディ・ローパー

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
のんびり♪みっきぃライフ
bnr_mickeylife.jpg
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
みっきぃパパへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文: